BMW4シリーズ グラン クーペに上質かつスポーティな200台限定モデルが登場

コラム Clicccar

BMW4シリーズ グラン クーペは、3シリーズセダンをベースにクーペルックに仕立てられたモデルで、全長4640×全幅1825×全高1395mmというスリーサイズ。

3シリーズ・セダンは全長4645×全幅1800×全高1440mmで、2810mmのホイールベースも同値。1545/1595mmというグラン クーペのトレッドこそ違いますが(3シリーズセダンは1545/1585mm)、外装を巧みに変えることで異なる雰囲気のモデルを送り出すBMWらしい巧みさがうかがえるモデルになっています。

2月13日から発売されるBMW 4シリーズ グラン クーペの200台限定モデル「IN STYLE(イン スタイル)は、よりダイナミックなスタイリングと走りが特徴の「420iM Sport」モデルがベース。

外観では、アダプティブLEDヘッドライト(LEDハイ/ロビーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、LEDスモール・ライト・リング、LEDコーナリング・ライト、LEDフロント・サイド・マーカー)をはじめ、存在感のあるバイ・カラーの19インチアルミホイールをはじめ、ウインドウモールディングとフロントフェンダーのエアブリーザー専用サテンのアルミ仕上げが施され、BMW 4シリーズ グラン クーペの特徴であるスタイリッシュかつスポーティなムードがより強調されています。

内装では、質感の高い専用色「サドル・ブラウン」のレザーシートに、「パール・グロス・クローム」のハイライトが施された「アンソラジット・ウッド・インテリア・トリム」と「BMW M Performanceステンレス・スチール・ペダル・セット」が組み合わされていて、高級感とスポーティ感を融合させた仕立てになっています。

安全装備も充実。歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」をはじめ、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことが可能な「アクティブ・クルーズ・コント ロール」などは4シリーズ グラン クーペ全車に標準装備されていますが、さらに同限定モデルに下記の装備を用意。

車速やルート案内など様々な情報をフロント・ウィンドスクリーンに直接表示する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」、ドライバーから死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線を急接近してくる車両をドライバーに警告する「レーン・チェンジ・ウォーニング」などを標準モデルから追加装備されているのもポイント。

BMW4シリーズ グラン クーペ「IN STYLE(イン スタイル)」のボディカラーは「アルピン・ホワイト」、または「ミネラル・グレー(8万2000円高)」で、車両本体価格は623万円という設定です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ