交通事故を起こしてしまった…。交通事故発生時の対処法

コラム Clicccar

クルマを運転した際に、自分が交通事故を起こさないとは限りません。交通事故は年中起こすものではないので、思いもよらぬ出来事についパニックになってしまうことも…。

そうならないためにも、万が一交通事故を起こしてしまった際(加害者)の行動を知っておきましょう。

■警察に連絡する

まず最初にすることは警察に連絡することです。これは絶対です。警察への連絡がいかないと、後日様々な手続きに必要な”交通事故証明書”をもらうことができなくなります。

「怪我人がいても警察が先なの?」と思うかもしれませんが、警察に連絡すると救急車の有無を確認されることがほとんどです。

つまり、警察に電話することで、警察と救急車の両方に連絡ができているということになるのです。ちなみに、救急車に先に連絡を入れたとしても、消防を経由して警察に連絡がいくようになっています。

■目撃者を探す

相手方とトラブルになることもあるかもしれません。もし周辺に交通事故の目撃者がいるようならば、目撃者の証言をメモしておきましょう。

第三者の証言は非常に重要なものとなります。後々確認などの連絡が取れるように、目撃者の方の名前と連絡先を聞くのもお忘れなく。

■保険会社に連絡する

自分が加入している保険会社への連絡をしましょう。示談金などに関することは、加入している保険によって違ったりもしてきます。自分だけの安易な判断で、その場で被害者のかたと示談金の話をしたりするのは控えたほうが賢明です。

勝手に決めてしまうと、過失の割合や示談金が本来と違うことになり、さらなるトラブルになることも…。保険会社に連絡する場合は”証券番号”が必要になってきます。証券番号が記載されている”保険証券”は、万が一に備えてクルマのダッシュボードなどに常備しておきましょう(契約している車輌であればナンバーを伝えるだけで契約情報を確認することもできます)。

■軽症でも病院で診察する

現場でできることは上記の3つになります。ここはちょっと補足になりますが、自分も怪我をしたなと感じる場合は、軽症でも必ず病院で診察を受けましょう。軽症だとしても実は重症だったなんてこともあります。

交通事故を起こしてしまった場合は、警察(救急車)・目撃者・保険会社の3点が重要項目です。これらの一連の行動を頭の隅にでも置いておくだけでも、迅速に行動することができます。

(鈴木 唯)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ