ジャガー初のSUV「F-PACE」の予約受注開始!価格は639万円〜

コラム Clicccar

1月29日から予約受注を開始したジャガー初のSUV「F-PACE」。

同社が「パフォーマンスSUV」と表現しているように、単なるやはりの高級SUVではなく、ジャガーらしい走りはもちろん、伝統と革新を感じさせる仕上がりであることが期待されます。

日本向けは、すでに全国限定50台の特別仕様車「F-PACE FIRST EDITION」が2015年11月2日から先行受注が開始されています。

エンジンは、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた「INGENIUM(インジニウム)」ディーゼル・エンジン搭載モデル3機種と、ガソリン・エンジン搭載モデル2機種の全5機種をラインアップ。

ディーゼルは最高出力180ps、最大トルク430Nmを発生する2.0L直列4気筒ターボを搭載し、ベーシックな「PURE」、レザーシートなど装備を充実させた 「PRESTIGE」、エクステリアをよりスポーティに仕上げた「R-SPORT」の3グレードが設定されています。

ガソリン仕様は、3.0LのV6スーパーチャージャーによるハイパフォーマンスな走りを実現した「R-SPORT」(340ps/450Nm)と「S」(380ps/460Nm)を用意。

ジャガーやランドローバーといえば、多彩なカラーや仕様で自分好みの一台に仕上げられることが魅力のひとつですが、ボディカラーは「ポラリス・ホワイト」、「エボニー、アルティメットブラック」、「ダークサファイヤ」など全15色から選択が可能。

キャビンは、5人の乗員が快適に乗車できる空間と、650Lの容量を誇るラゲッジルームを確保。

また、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」や、ドライバー専用のフルスクリーン・ナビゲーション・ディスプレイとしても活用できる12.3インチTFTインストルメント・クラスター、セグメント初のウェアラブル技術を活用した「アクティビティキー(オプション)」採用するなど、最新技術も積極的に採用されています。

悪路走破性では、全速度域において路面状況に応じてAWDシステムの効率を高める「アダプティブ・サーフェス・レスポンス(ASR)」や、滑りやすい路面でもステアリング操作のみでドライバーが設定した一定速度(3.6km/hから30 km/h間)で走行できる「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)」といった「レンジローバー」などでお馴染みの技術を投入。

ランドローバー(レンジローバー)を擁するからこそSUVを作れたのでは? という意見も聞こえてきそうですが、そこは「ジャガー」だけにオンロードでの走りも磨かれており、ボディの80%にアルミニウムを採用した軽量モノコック車体構造や、50:50にほぼ近い重量配分バランスにより卓越した走りを実現しているそうです。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン式、リヤがインテグラルリンク式。

電動パワーステアリング(EPAS)はもちろん、「トルク・ベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)」など、最新のドライバー支援システムにより高次元のハンドリング、天候に左右されない安定した走りを達成したとしています。

価格は、ディーゼル搭載モデルの「F-PACE PURE」が639万円、「F-PACE PRESTIGE」が663万円、「F-PACE R-SPORT」が728万円。

ガソリンエンジン搭載車の「F-PACE R-SPORT」が849万円、「F-PACE S」が981万円となっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ