雪上試乗・日産の4WD車なら雪道で壁ドンの恐怖なし!?

コラム Clicccar

日産自動車はマルチパフォーマンススポーツカーのGT-Rをはじめ、SUVのエクストレイルなどに4種類の異なる4WDシステムを採用しています。

今回、その4WD車の中からGT-Rとエクストレイルハイブリッドの2種類を雪道で試乗し、その実力を味わうことができました。

GT-Rに搭載されているのは独立型トランスアクスル4WDです。

4WDシステムのアテーサE-TSはヨーモーメントコントロールを、運転操作や車両挙動をダイレクトに判断する舵角センサーをはじめ、ヨーレイトセンサー、Gセンサーなどから送られてくる様々な情報を順次に分析し、ドライバーの思い描くコーナリングラインを予測しながら実際の走りに近づけられるように、きめ細かい前後トルク配分を行うシステムです。

最高出力404kW(550ps)を発生する3.8LV6ツインターボエンジンを搭載するGT-Rが滑りやすい路面状況でも本当に思い通りにコントロールできるのでしょうか。

今回の路面状況は圧雪路もあれば、溶けた雪が凍った路面、そして左右のタイヤで路面が異なるスプリット路面などテストとしてはこれ以上のない過酷な環境となっています。

通常は後輪駆動のGT-Rですが、雪道でスタートするとフロントに荷重がスッとかかりスタートします。そのスタートはまるで乾いた路面のようにスムーズで、ステアリングが取られるようなことは全くありません。

さらにGT-Rは厳しい路面状況にもかかわらず、スムーズに加速していきます。コーナーにさしかかる際に減速を行った時も、挙動が乱れることなくコーナーをスムーズに駆け抜けていきます。リアが滑ったりすることもないので、怖いなと思うこともなく、こんな滑りやすい路面においても操っているという感覚をもつことができます。

やはりGT-Rはどこで乗っても能力を発揮するマルチパフォーマンススーパーカーであることが再認識できました。

続いて試乗したのはエクストレイルハイブリッドです。こちらはオールモード4×4-iと呼ばれる4WDシステムを搭載しています。

このシステムはアクセルを踏むと同時に各種センサーの情報から4WDコンピューターが走行状態を判断します。その状況に応じて前後トルク配分をフロント100:リア0から約50:50に切り替え、滑りやすい路面でも安定した走りを可能としています。さらに2WD車にも搭載されているアクティブライドコントロールをはじめ、アクティブエンジンブレーキ、コーナリングスタビリティシストなどのシャシー制御によって、どんな路面状況でもフラットな乗り心地と操縦安定性を実現させています。

エクストレイルハイブリッドのオールモード4×4-iをAUTOにしてスタートします。その際インパネ内のアドバンスドドライブアシストディスプレイをオールモード4×4-iのトルク配分を表示させて、トルク変化を確認します。アクセルを踏みスタートすると、フロント100のトルクからスッとリアにも荷重がかかることがディスプレイで確認できます。

しかし運転している私にとっては全く違和感がないというか、何か変化したということはまったく感じません。様々な状況の路面を走らせていると、ディスプレイでは常にトルク配分が細かく行われていますが、全くその変化は感じることはありませんし、ただエクストレイルハイブリッドは安定して走行できます。

続いて、ディスプレイの表示をシャシー制御に変えます。走行中に荒れた路面の走行時や、コーナリング時では青く光ってシャシー制御を行っていることは目で確認することはできます。しかし、当の運転しているドライバーはスムーズにコーナーを曲がり安定した走行をしているようにしか感じません。

エクストレイルは搭載しているシャシー制御とオールモード4×4-iのシナジー効果によって雪道などの滑りやすい路面であってもクルマが常にハンドルの舵角やアクセルの開度、そして路面のスリップ量を監視することで、スリップというドライバーにとって最も不安になる現象を抑えて、常に安定した走行を約束してくれます。

まさに雪道での壁ドンを防いでくれる安全装備なのです。

GT-Rとエクストレイルに搭載されている4WDのシステムは異なりますが、日産の考える運転する楽しさや高い走行安定性をそれぞれのクルマを購入したユーザーに提供するという点では同じと言えます。

(萩原文博・写真提供:日産自動車)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ