テスラ、アップデートで自動運転機能を追加

コラム Clicccar

IT企業の一大拠点として有名なシリコンバレーを拠点に、電気自動車(EV)を開発・販売するテスラモーターズ。

同社が販売するサルーンの「モデルS」は、EVであるだけでなく、スマホのようにソフトウェアをアップデートすることで新機能が備わることで注目を集めています。

そんな「モデルS」向けに、2016年1月15日に新たなソフトウェア「バージョン7.0」がリリースされました。

最新のソフトウェアに更新することで利用できるのが“Auto pilot機能”。実はこれ、昨年の東京モーターショーでもテーマとなった自動運転機能なのです。

今回利用可能となったのは「オートパイロット」「オートレーンチェンジ」「オートパーク」の3種類。

その中でも、先行車を追従する「オートパイロット」と、駐車可能なスペースに自動で駐車する「オートパーク」については、実はすでに他社でも搭載済みのモデルがあります。

しかし、ウインカーを点灯させると自動で車線を変える「オートレーンチェンジ」の実用化は初。

日本ではハンドルを握っている必要がありますが、車両前方に備わるミリ波レーダーとカメラ、さらに12個の超音波センサーを用いてドライバーの手をわずらわすことなくこなしてくれるとのことです。

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ