北米向けのマツダ新型CX-9の生産を開始。日本導入はどうなる?

コラム Clicccar

マツダのミニバンといえば、MPV、ビアンテ、プレマシーがあり、まだカタログモデルとして購入できます。しかし、「スカイアクティブ」や「魂動デザイン」といった技術やコンセプトを「全面」採用したミニバンは出ていませんし、今回紹介する大型SUVのCX-9も日本導入は発表されていません。

新世代モデルの折り返しを過ぎたマツダからこうしたミニバンや大型SUVが出てくるのか、出てこないのか、出てくるとしたらどういうカタチで出てくるのかは推測するしかありませんが、とくに既存ユーザーは気になるところでしょう。

CX-9をMPVの後継的役割にするのではという憶測もあるようですが、ミニバンとSUVではユーザーニーズが違いますから、そんな方針を採るわけはないと思いますが……。

さて、アメリカ、カナダ向けに投入される新型CX-9の生産が本社宇品第1工場で始まったそうです。

新型CX-9は、年間約5万台のグローバル販売計画台数の約8割を北米市場が占める北米戦略モデルとして、2016年春から北米を皮切りに順次販売を開始するとのこと。

全長5065×全幅1969×全高1716mmというスリーサイズに、3列シートを配置するCX-9。レクサスLXの全長5065×全幅1980×全高1910mm、新型アウディQ7の全長5025×全幅1968×全高1735mm(欧州値)と全長と全幅は近く、CX-9よりもやや小さめの新型ボルボXC90など、日本に新世代に移行した大型SUVが入ってきています。

新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代商品群のハイエンドモデルである新型CX-9は、「ジャパンメイドの高品質なクルマづくりを通じて、機能やスペックを超えた上質な心地よさを届ける」としていますから、日本への投入も期待したいところ。

また、本社工場では同車種の生産開始にあわせて、新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン 「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始したそうです。

排ガス規制だけでなく、マツダが目指している「走りとの両立」、そしてコスト面も含めて北米向けのディーゼルを投入できるかも気になるところです。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ