存在感を増した内・外装と充実の安全装備 ─ トヨタ「ランドクルーザー」画像ギャラリー

コラム Clicccar

トヨタ・ランドクルーザーの全長4950×全幅1980×全高1870mmという堂々たるサイズは、国産SUV最大級。

輸入SUVに目を向けてもアウディQ7(全長5052×全幅1968×全高1735mm/欧州値)やキャデラック・エスカレード(全長5195×全幅2065×全高1910mm)など少数で、フォード(リンカーン含む)が日本からの撤退が決定した今ではかなり大きい方になります。

2015年夏のマイナーチェンジでは、内・外装のリフレッシュや「Toyota Safety Sense P」を初採用するなど、輸入SUVも含めたライバルに対抗できる商品力向上が図られています。

試乗した「ZX」が履く20インチアルミホイールは、切削・光輝処理とグレーのコンビネーションを施した動きのあるV字デザインの組み合わせにより高級感を演出。

インパネは加飾を変更するだけでなく、ソフトな表皮巻を採用したより上質な雰囲気なものになっていて、メーターは、ひと目でクルマの状況が把握できる6眼メーター(オプティトロン)を採用。

メーター盤面にもヘアライン加飾が施されているほか、中央には4.2インチのカラー液晶画面が配置され、運転状況やナビと連携した情報がカラーで表示されます。

ボディカラーでは、新たに「カッパーブラウンマイカ」と「ダークブルーマイカ」が追加され、全9色展開となっています。

(文/塚田勝弘 写真/佐藤靖彦)

【関連記事】

■最新ランドクルーザーの走りは王者にふさわしいか?
http://clicccar.com/2016/02/18/354969

■最新のトヨタ・ランドクルーザーは価格にふさわしいSUVか!
http://clicccar.com/2016/02/18/354956/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ