「ジープ」ブランドの4WDで最廉価となる「コンパス・スポーツ4×4」の価格は?

コラム Clicccar

ジープでは初となる「FFのみの設定」で、2012年に日本導入されたコンパクトSUVのジープ・コンパス。

都市部やオンロードでの走行が中心で、オフロードを走る機会はほとんどなく、出かけたとしてもキャンプ場やアクセスの良好なスキー場くらいという方からもSUVは支持されています。

本格的な悪路走破性を備えたモデルとなると、ファッションや「記号」としての価値はあるでしょうが、実用上はほとんど使われない付加価値という場合も多いでしょう。

しかし、それが「ジープ」となると看板の4WDは欠かせないはずで、FFなら他の銘柄でいいよ! という選択がされてもおかしくありません。

3月1日からコンパスに追加される4WDの「ジープ・コンパス・スポーツ4×4」は、コンパス初の4WDではありませんが、ジープの中で最も廉価な4WDモデル(電子制御式4WD)という位置づけ。

気になる価格は329万4000円で、エンジンは2.4Lの直列4気筒DOHCを搭載し、6ATと組み合わされています。なお、FFモデルの「ジープ・コンパス・スポーツ4×2」は307万8000円という設定です。

170ps/6000rpm、220Nm/4500rpmというスペックは、FF仕様の2.0Lの156ps/6300rpm、190Nm/5100rpmよりも14ps/30Nm引き上げられています。車両重量はFFよりも100kg重くなっています。

FFモデルを何度か走らせた経験からすると、あくまで推測ではありますが、2人乗車くらいならパワー的には不足を感じさせず、意外とキビキビと走るではないでしょうか。

ジープのコンパクトSUVといえば、若者に似合いそうなファッショナブルなレネゲードに注目が集まっていますが、より幅広い世代に訴求できそうなコンパスも見逃せません。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ