日産がミャンマーで「サニー」の生産を年内にスタート!

コラム Clicccar

日産自動車が2月17日、ミャンマーで年内に車両生産を開始すると発表しました。

ミャンマーは経済・政治改革に伴い、新車需要の急速な伸びが期待されています。

同社は2013年にミャンマーで自動車販売を開始し、すでにSUV「エクストレイル」、「アルティマ」、ピックアップトラック「ナヴァラ」、商用バン「NV350 アーバン」、マイクロバス「シビリアン」を販売していますが、車両生産は初となります。

マレーシアのタンチョンモーターグループと協同で小型乗用車「サニー」を生産するそうで、日系企業によるミャンマーでの自動車生産はスズキに次いで2社目。

同社はまずタンチョングループの既存の施設に車両生産ラインを新設して生産をスタートさせ、その後、新工場へ生産を移管する予定としています。

新工場の建設はバゴー管区で順調に進んでいるそうで、17日に行われた式典にはタンチョンの役員やバゴー州政府の関係者が出席、同地区代表者と土地賃借契約に調印。

投資額は数十億円規模とみられ、新工場では約300名の従業員を雇用、2020年を目処とする本格稼働時の生産能力は年間10,000台に達する見込みとか。

生産開始に向け、すでに200名の従業員がマレーシアのタンチョンの工場でトレーニングを受けているそうです。

ミャンマーでは日本製の中古車が大半を占めているそうで、現地製「サニー」投入による新車市場への波及効果が注目されます。

Avanti Yasunori

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ