大阪ガス、京都初の移動式水素ステーション「上鳥羽水素ステーション」が完成

コラム Clicccar

大阪ガスは、京都府で初めてとなる移動式の水素ステーション「上鳥羽水素ステーション」が2016年3月30日に開所する、と発表しました。大阪ガスが運営する商用の水素ステーションとしては、北大阪水素ステーションに続き2ヵ所目になります。

移動式水素ステーションは、水素を供給する設備を搭載したトレーラーを専用スペースに駐車して水素を燃料電池自動車に販売するステーションです。

上鳥羽水素ステーションでは、都市ガスから水素を製造する装置「HYSERVE-300(登録商標)」を設置している北大阪水素ステーションで製造した水素を運搬し、移動式水素ステーションで供給する運営方式になります。

最近水素関連メーカーでは、いろいろな業態の水素ステーションの開設が続いていますが、同社は北大阪水素ステーション(マザーステーション)と上鳥羽水素ステーション(ドーターステーション)を一体運用する「マザー&ドーター方式」の効率的な運用を目指すことになります。

(山内 博・画像:大阪ガス)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ