東芝、 夜間歩行者も認識できる画像認識用プロセッサを発売

コラム Clicccar

東芝は、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)向け単眼カメラに適した画像認識用プロセッサを発売します。

この画像認識用プロセッサの特長は夜間歩行者を認識できる点で、自動運転技術への寄与が期待できます。

新製品の画像認識用プロセッサは「TMPV7602XBG」」。東芝では2016年3月からサンプル出荷、2018年1月から量産を開始する予定です。

新製品は、自動運転に求められる車周辺の歩行者・車両・車線・標識・道路標示・交通信号機の認識を行う画像認識用プロセッサです。パッケージサイズを「17.0mm×17.0mm、521ピン BGA0.65mmピッチ」と小さくしたことで、車載カメラモジュールの発熱対策や小型化に貢献できます。

欧州の新車安全性能評価「Euro NCAP(New Car Assessment Programme)」では、2018年に自動ブレーキの検査項目として「昼夜での歩行者の検知と衝突回避」と「自転車の検知と衝突回避」を追加することを発表しています。

新製品は、これらの要求に対応しており、自動車各社の次世代先進運転支援システムに採用されることを目指しています。

(山内 博・画像:東芝)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ