パリの「モード」を取り入れた小粋な「ルノー ルーテシア アイコニック」が30台限定で登場

コラム Clicccar

2月25日にマイナーチェンジを受けたルノー ルーテシア(「インテンス」と「ゼン」グレード)。30台限定の特別仕様車「ルノー ルーテシア アイコニック」が同日から発売されています。

ルーテシアは、Bセグメントの中でもやや大きめなボディサイズを活かしたエレガントでダイナミックなデザインが魅力で、日本では女性ユーザーの割合が5割近くに達しているそう。

ベース車は「ルノー ルーテシア インテンス」で、車名の「アイコニック」は、パリのモードを「アイコン」として取り入れたことから命名されています。

ルーフとドアミラーには、パリのモードを象徴する「クチュール」の縫製をイメージしたデザインのデカールが配され、ひと目でノーマルとは違ったエレガントな雰囲気が伝わってきます。

ルノー ルーテシア(現行モデル)では初採用となるシートヒーター付専用レザーシートをはじめ、専用デザインのエアコンベゼルやドアトリムフィニッシャーなどによりインテリアの質感も向上。

また、レザーシートに施された白のステッチが、ルーフとドアミラーのデザイン同様、「クチュール」のエレガントさをさりげなく感じさせます。

ほかにも、同限定車専用のICONICエンブレム、「RENAULT」ロゴ入りキッキングプレート、ボディ同色サイドプロテクションモールを装備。

「ルノー ルーテシア アイコニック」の価格は244万円という設定です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ