富士重工業、マレーシアでフォレスターのノックダウン生産を開始

コラム Clicccar

スバルの富士重工業は、マレーシアでフォレスターのノックダウン生産(現地組立生産)を開始した、と発表しました。

今回富士重工業は、シンガポールのタンチョン・グループ(Tang Chong International Limited)傘下の TC Subaru Sdn.Bhd (以下、TCS)を通じて、マレーシア にある Tan Chong Motor Assemblies.Sdn.Bhd の工場でフォレスターの KD 生産(現地組立生産)を開始し、2月26日、ラ インオフ式を行いました。

同工場におけるスバル車のノックダウン生産は、2012年12月に生産を開始した スバル XVに加えてフォレスターで 2車種目になります。TCS はフォレスターの KD 生産を年間 10,000 台規模で行うことを計画しています。

ノックダウン生産されたフォレスターはタンチョン・グループのスバル販売網を通じて、2016 年春よりマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売される予定になっています。

(山内 博・画像:富士重工業)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ