フォルクスワーゲン・クラスター次期型、OEMを卒業

コラム Clicccar

フォルクスワーゲンのLCV (ライト コマーシャル ビークル)、「クラフター」次期型を北欧で捉えました。

現行モデルはメルセデスベンツ「スプリンター」をOEM供給されている形ですが、2016年の契約終了を期に、独自開発に踏み切るようです。

カモフラージュされているフロントマスクは現行商用車とは異なる、フォルクスワーゲン最新のデザイントレンドが採用されると噂されています。

パワートレインは2.8リットル直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、2016年9月のパリモーターショーでのデビューが噂されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ