横尾忠則さんのパレットをデザインしたスマートは「本人も乗りたくない」!?

コラム Clicccar

箱根「彫刻の森美術館」で横尾忠則さんの展示会「迷画感応術」が開催されます。

横尾さんは、グラフィックデザイナーから画家へと転向し、現代日本を代表するアーティストですが、あえて「迷画」とするなど、シャレが好きな面もあるのだそう。

そんな横尾さんは、芸術家は天空からの神の波動に感応し、神のメッセージを受け取る受け皿である、として、パレットはもっとも簡単に手に入る紙皿を使っているのだとか。神と紙をかけているのでしょう。

そして、その「迷画感応術」に展示されるスマート・フォーフォーにはその横尾さんがこれまで使ってきた様々なパレット=紙皿がデザインされています。この紙皿は、横尾さん自身アートとして収集しているそうで、額に入れたり展示されたりしているのです

そのアート紙皿を一枚一枚写真に撮って、フィルムにプリントしフルラッピングされています。ある意味、本当の痛車と言えるかも知れません!

なぜ、ベースになっているのがメルセデス・ベンツグループのスマートかというと、スマートの始まりは当時共同開発していた「スウォッチ」のSと「メルセデス」のMにARTとつけたものであり、芸術作品のベースとしてふさわしいのだとか。

発表会にはメルセデス・ベンツ日本代表の上野金太郎さんはもちろん、箱根彫刻の森美術館館長の森英恵さんも訪れていました。

発表に際し、スピーチした横尾さんは、「自動車というのは機能性。機能性を剥奪しないとアートがクルマに負けてしまう。けど、僕だったら乗れないな」とやや自虐的にコメントして笑いを誘っていました。

発表会場でご本人が左リヤドアにサインを入れたこのスマートは、展示後にチャリティーオークションとして、交通遺児基金に寄付しようという計画もあるとのことです。

勇気を出して募金を兼ねて入札してみませんか? いいことしたことのアピールには十分目立つ、最適なデザインですよね。

(clicccar編集長 小林 和久)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ