フォルクワーゲンの次世代up!(!?)が登場、発売は今年夏から

コラム Clicccar

現行のフォルクワーゲンup!は、2011年から欧州での販売を皮切りに、日本には2012年秋から販売されています。もう次期型! と思わされますが、スタイリングを見るとビッグマイナーチェンジといった雰囲気になっていますが……。

ジュネーブモーターショーでクロスup!やe-up!も含めて登壇した新型を謳うup! は、新意匠のボディパネルをはじめ、新アルミホイール、新色、カスタマイズのオプション、新採用となる装備、デザインが刷新されたインテリア、新インフォテインメントシステム、パワーとトルクを向上させたエンジンからなっていて、日本流でいうとビッグマイナーチェンジ、「1.5世代」ぶん新しくなったイメージでしょうか。

エクステリアでは、新型ヘッドライト(LED デイタイム ランニングライトを標準装備)や新意匠のバンパー、リヤディフューザー、新デザインのテールライト、ウインター一体式のドアミラー、コーナリングライトが組み込まれたフォグランプなどが見どころ。

インテリアは、新しいカラーと加飾が採用されたダッシュパッド(スタイリングパネル)、シートも新しいデザインになっています。

装備ではほかのVWモデルと同様に、「ライト&サイト」パッケージ(「カミングホーム」、「リビングホーム」機能に加え、レインセンサーを装備)を用意。

さらに、マルチファンクションステアリングとピュアエアクリマトロニック(フルオーAC)が初採用され、後者はキャビン内の空気を清潔に保つことができます。エンジンは1.0LのTSI(3気筒ターボ)に変更され、最高出力は90ps、160Nm の最大トルクは1500rpm から発生。

最高速度は185km/hに達し、0-100km/h 加速は10 秒というなかなかの俊足ぶりですが、これは初代ゴルフGTIに匹敵する性能を目指して開発されたそうです。

燃料消費量は4.4L/100km(CO2 排出量:102g/km、推定値)で、数値上は1回の給油で最長 800kmの走行が可能(欧州値)とのこと。なお、この1.0Lターボエンジンのほか、既存のNA(1.0Lガソリン)も併売されるそうです。

ほかにも、内・外装ともに新色の設定や新パッケージの設定、「BeatsAudio」サウンドシステムが搭載された「up! beats」の設定など見どころ満載で、スマホ連携機能の強化なども盛り込まれています。欧州での発売は今年の夏からで、新型up!のベース価格は据え置きとアナウンスされています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

フォルクワーゲンの「T-Cross Breeze」は、将来の小型クロスオーバーを予見させるコンセプトカー
http://clicccar.com/?p=358772

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ