限定車「The Beetle Dune」と初代ビートルのラフロードモデルが競演!

コラム Clicccar

4代目ゴルフ(カブリオレ含む)にこんな「イエロー」あったよね、と発表会場でVGJの広報担当I氏と話をしていましたが、500台限定の特別仕様車「The Beetle Dune」の「サンドストームイエローメタリック」は、かつてのゴルフよりももう少し明るい色味で、太陽光の下ではゴールドにも見え、街中で非常に映える印象です。

お台場の「Volkswagen Day 2016」で披露された「The Beetle Dune」は、メインMCのピストン西沢さんがステアリングを握る同車と、ベースイメージにつながるクラシカルなビートルが登場。それにしても車高が高い!

それもそのはず、特別仕様車の「The Beetle Dune」は、60〜70年代にカリフォルニアで一世を風靡したというビートルをベースとしたラフロードモデル「Dune Buggy(デューン・バギー)」、「Baja Bug(バハバグ)」を現代風に再現したというモデル。

メキシコのバハ・カリフォルニア州といえば、「バハ1000」で知られるオフロードでのレースが思い浮かびますが、元祖ビートルのラフロード仕様と「The Beetle Dune」との2ショットは貴重かもしれません。

空冷のオリジナル・ビートルの乾いた音と、排気音を抑えた現代的な「The Beetle Dune」のランデブー走行は、「Volkswagen Day 2016」を訪れた多くのファンの注目を集めていました。

ちなみに、ビートルをベースとしたバギー(写真の車両とは違います)は、1967年の第1回「バハ1100」に出場して見事優勝したそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ