思ったよりも売れている!? マツダ・アクセラの世界生産台数500万台を最速で達成

コラム Clicccar

マツダのCセグメントモデルであるアクセラは、長年ファンに愛されてきた「ファミリア」の後を受け継ぐモデルで、初代は2003年10月に発売を開始しました。

生産を開始した2003年6月から2016年4月末までの12年10か月で累計生産500万台を達成。これはマツダ車として最短記録となるそうです。

3 代目となる現行アクセラは2013年に登場。

セダン、スポーツというボディタイプに加えて、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、そしてAT/MT(ハイブリッドはCVTのみ)など、多彩なバリエーションが用意されています。

グローバルモデルである現行アクセラは、「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)− Soul of Motion」が全面的に採用された新世代モデルの第3弾。

デビューした2013年には、カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーの「ベスト・ニュー・スモール・カー」を、翌年には国際的なデザイン賞である「レッド・ドット・デザイン」賞を受賞したほか、「2014年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」、「2014年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イ ヤー」のトップ3ファイナリストに選出されています。

自販連の販売ランキングでは、2015年のデータで2カ月に1度くらいのペースで30位に入るくらい(2000台前後〜3000台前後/月)という日本の販売データ。その完成度の高さからすると、思ったよりも苦戦している印象もありますが、アクセラはマツダの年間販売台数の約3割を占めているそうです。

生産工場は日本の防府工場(山口県防府市)をはじめ、長安マツダ汽車(中国)、オートア ライアンス(タイ)、マツダデメヒコビークルオペレーション(メキシコ)があり、マレーシアとベトナムでは現地組立が行われています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ