トヨタ・カローラの50周年記念限定車「HYBRID G 50 Limited」に赤い内装を採用したわけは?

コラム Clicccar

長年、日本の国民車として販売ランキングの最上位だったカローラ。現在はプリウスやアクアにその座を奪われている感もありますが、実は現在でも月5000台〜6000台販売し、10位以内に着実に入っているに気付いてましたか?

カローラは「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージして「カローラ(ラテン語で花の冠の意)」と命名され、1966年に誕生して以来、今年で50年を迎えます。

なお、「冠」から車名が命名された「カムリ」や、英語で「王冠」を意味するクラウンなど、と同じくカローラの車名の由来は「花の冠」と「冠」が命名のテーマ。同時に、かつては「C」始まる車名が重視されたと言われています。

初代カローラは、クルマのあらゆる面で80点以上を実現すべきであるという「80点主義+アルファ」の発想のもと開発。

その「+アルファ」として、クルマの走りのイメージを具現化すべく、「赤色」の内装を組み合わせ、「スポーティさ」が追求されています。また、「花の冠」をモチーフにしたエンブレムは、発売当時はカローラの象徴としてデザインされています。

9月1日から発売される特別仕様車は、カローラ「HYBRID G 50 Limited」は、カローラアクシオ「HYBRID G」がベースです。初代カローラの特徴である赤の内装シートと花冠エンブレムを復刻することで、50年の歴史が現在に再現。

非常に華やかな印象を与える「赤」のスポーツシートは、デザイン部で保管されてきた初代カローラのカラーサンプルをもとに往年の「赤」を今日の技術で忠実に再現し、シートをはじめとする内装に採用されています。

さらに、ブラックと組み合わせて配置することでモダンでありながらスポーティな室内空間を演出。また、花冠エンブレムをシートの背もたれやリヤの車名のエンブレム下に配置。

また、フロントロアグリルをドットパターンとし、Bi-Beam LEDヘッドランプが特別装備されたほか、タイヤサイズを185/55R16&アルミホイールとし、スタイリッシュなイメージも付与されています。

ボディカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「ブラックマイカ」の2色を設定。1.5Lハイブリッドモデルであるカローラの特別仕様車「HYBRID G 50 Limited」の価格は240万円となっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ