アクアを抜いてクラス燃費1位。新型ノートe-POWERは100%モーター駆動が魅力!

コラム Clicccar

■ビックチェンジで100%モーター駆動のe-POWERを追加

日産の国内販売で屋台骨を支えるノートが、ビックチェンジを実施しました。今回は、大幅なフェイスリフトでイメージを一新するだけでなく、目玉として新開発した100%モーター駆動のe-POWERを投入。ハイブリッド優位のコンパクトカー市場へ最新システムで勝負をかけてきたのです。

新型ノートのフロントデザインは、グリルのVモーションを強調した最新の日産トレンド。バンパーとヘッドライトのデザインを一新した精悍なマスクが、ボディサイドの個性的な造形とマッチして、エネルギッシュなイメージを強調しています。

新型ノートは、直列3気筒1.2Lガソリンエンジンをベースにして3種類を用意。NA仕様とスーパーチャージャー仕様は従来どおりCVTと組合せて搭載。そして新開発のe-POWERでは、エンジンは発電だけを担当してモーターが全ての駆動を担うシリーズ式ハイブリッドを採用しました。

■e-powerのモーターによる力強く新しい走り

新型ノートe-POWERの走りは、100%モーター駆動ならではの特性を活かしています。アクセルONの出力では、エンジン駆動ではできない卓越したレスポンスと加速を実現。またアクセルOFFの電力回生では、減速だけでなく停止まで行う新たな走行モードを備えています。

ちなみにバッテリー容量が少ない状態でアクセルを踏み込むと、発電のためにエンジンもグワーっと回ります。まるでエンジンが、普通に駆動力を発揮しているようで、何やら可笑しかったりします。

実用面では燃料がガソリンなので、航続距離はエンジン駆動車と遜色ありません。カタログ燃費でも、37.2km/lを達成。これはハイブリッド・ベストセラーことアクアの37.0km/lを抜いてクラストップを奪取! 日産の新型ノートe-POWERにかける意気込みが、ビシバシ伝わってくるようです。

■新型ノートe-POWERは、ライバル他車とガチンコ勝負!

新型ノートの価格帯は約139.3万〜224.4万円で、中でもe-POWERは上位の約177.2万〜224.4万円に設定されています。コンパクトカー市場では、アクアやフィットとガチンコ勝負になります。新型ノートe-POWERは、他社対抗はもちろん新型ノート全体でも販売を牽引する商品力を有していると思います。

e-POWERのグレードは3種類で、ベースグレードのSは、エアコンレスでオプション制限もある燃費スペシャル仕様。実用的には中位グレードのXが、エアコンはもちろんオプション制限もなく、200万の大台を切った戦略価格でオススメです。またトップグレードの「メダリスト」では、本革巻きステアリングや高級生地のシート、15インチアルミなどを装備して、高級感を演出しています。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

■第544弾新型ノートe-POWERのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ