フェラーリが770馬力の新型モデル「F12 M」を2017年ジュネーブショーで公開?

コラム Clicccar

フェラーリ史上最高傑作とも語られる、高性能『F12ベルリネッタ』の後継モデルと思われる、コードネーム「F12 M」をイタリア・マラネロで捉えました。

フルマスキングされており、ディテールは不明ですが、ネットの奥には新デザインと思われるヘッドライトが確認できます。

ただし、テールライトやエキゾーストパイプなど、一部パーツは現行モデルのダミーが装着されている可能性が高いです。

パワートレインはベルリネッタに搭載されている6.3リットルV型12気筒エンジンをブラッシュアップし、最高馬力は770psまで引き上げられます。

ハイライトはこれだけではありません。『GTC4ルッソT』の3.8リットルV型8気筒エンジン搭載の可能性があることがレポートされています。

ハイテク面では、特別限定モデル「F12tbf」で採用された「バーチャル・ショートホイールベース・システム」を搭載するとみられ、理想的なステアリング・アングルの検索とともに、自動的にリアホイールの舵角をアジャスト、コーナリングを安定させます。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーと見られ、予想発売価格は4500万円程度と思われます。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ