予算250万円! お手頃価格の新車オープンカー5選 【2017年版】

コラム Clicccar

本革やウッドなどの高級な素材を使用したクルマは贅沢です。しかし最も贅沢なのはルーフが開いてオープンエアを堪能できるオープンカーではないでしょうか。それはルーフの開閉により、1台で2台分の楽しみ方を味わえるから。

オープンカーはちょっと恥ずかしい。という人がいるかもしれませんが、屋根がすべて開くフルオープンだけでなく、ピラーなどが残るタイプもあります。そこで、今回は250万円で手が届くお手頃価格の新車オープンカー5台を紹介します。

■ダイハツ コペン(185万2200円〜212万7600円)

まず紹介するのはダイハツコペンです。軽自動車オープンカーのコペンはドレスフォーメーションという新発想を採用しています。これによって、世界初の樹脂外板着せ替え構造を採用し、スタイルを自由に変更できるのが特徴です。着せ替えキットだけでも販売されているので、自由にカスタマイズが楽しめます。

エンジンは最高出力64馬力を発生する660cc直3ターボを搭載し、ミッションは5MTとCVTを用意しています。コペンはアクティブトップと呼ばれる電動開閉式ルーフを採用し、センターコンソールのボタンを押すと約20秒でフルオープンになります。

グレードはローブ、Xプレイ、セロの3タイプ。ビルシュタインサスペンションなどを装着し、走行性能を高めたSと呼ばれるモデルも設定されています。

■ホンダ S660(198万〜218万円)

フェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツカーと同じエンジンを運転席後方にレイアウトするミッドシップ2シーターオープンカーがホンダS660です。高い走行性能を実現するため、ソフトトップは手動式、ラゲージスペースもほとんどないストイックなモデルです。

ホンダの軽自動車Nシリーズに搭載されているターボエンジンに専用のチューンを施し、優れたレスポンスと高回転まで廻す楽しさが味わえます。組み合わされるミッションは、軽自動車初の6MTとパドルシフトによって変速が楽しめるCVTの2種類となります。

グレードは、ベーシックなβとボディカラーなどの選択肢が広い上級モデルのαの2種類。ブレーキを制御し、旋回中のライントレース製をより高めるアジャイルハンドリングアシストや専用開発のハイグリップタイヤを装備し、軽自動車とは思えない走りのパフォーマンスを実現しています。

■マツダ ロードスター(249万4800円〜373万6800円)

1989年に初代モデルが登場して以来、一度も途絶えることなく販売されているマツダロードスター。2シーターオープンカーの生産台数の多さでギネスブックに載っているクルマです。

現行モデルである4代目ロードスターには、2015年に登場したフルオープンモデルと2016年に追加した電動開閉式のルーフを採用したRF(リトラクタブルファストバック)の2種類があります。どちらのモデルも重量配分にこだわりロードスターの特徴である人馬一体の走りを楽しめます。

搭載するエンジンはフルオープンモデルが1.5L直4、RFは2L直4と異なります。グレードはフルオープンモデルがS、Sスペシャルパッケージ、SレザーパッケージそしてRSの4種類。RFはベーシックなS、本革シートを採用するVS、スポーティなRSの3種類を用意しています。

■ルノー トゥインゴキャンバストップ(199万円)

輸入車を手軽に楽しめるようにという想いで200万円を切った戦略価格で登場したルノートウィンゴ。最上級モデルのキャンバストップを採用したインテンスでも199万円という驚きのプライスです。

トゥインゴはリアのラゲージルーム下に0.9Lターボエンジンを搭載した、RRというレイアウトを採用。その結果、最少回転半径は4.3mと軽自動車並の取り回しの良さを実現しています。高いアイポイントと短いボンネットにより視界が良く、運転のしやすさもトゥインゴの特徴です。

キャンバストップには0.9Lターボエンジンと素早い変速が可能な6速EDCと呼ばれるデュアルクラッチミッションが組み合わされており、AT限定免許でも運転できます。キャンバストップはスイッチ1つで開閉可能な電動式で、開口部の広さは自由に調整できます。

■フィアット500C(237万6000円〜279万7200円)

ルノーがフレンチカジュアルを具現化したモデルならば、イタリアンカジュアルの代表がフィアット500です。丸眼のヘッドライトをはじめ、クラシックな雰囲気を漂わせながらも洗練されたスタイルが特徴です。

フィアット500にもソフトトップを採用した500Cというモデルが設定されています。電動開閉式のソフトトップはスイッチを押すだけで半開したり、リアウィンドウまで全開したり、その時の気分に合わせてオープンエアを楽しむことができます。

グレードは、1.2Lエンジンを搭載するポップと875ccターボという個性的なエンジンを搭載するツインエアラウンジの2種類を用意。このカタログモデルは250万円を超えてしまいますが、現在発売されている特別仕様車の500Cスーパーポップチャオなら237万6000円で手に入ります。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ