AT全盛の時代でも新車で買える運転が楽しいMT車5選【2017年版】

コラム Clicccar

どれだけATやデュアルクラッチシステムが賢くなっても、やっぱり操作感が味わえるのはマニュアルミッション(MT)です。クラッチのミートやシフトチェンジに失敗してクルマがギクシャクしたとしても、それもまたMT車ならではの醍醐味と言えるでしょう。

AT全盛の時代でとなり、最近はMT車を設定しているクルマがめっきり少なくなりました。そんな中国産、輸入車から厳選した運転が楽しいMT車ベスト5を発表しましょう。

■日産・マーチニスモS

NISMOは1984年に誕生した日産のワークスチームで、レースで培った技術を市販車にフィードバックしクルマの性能をアップさせています。そのNISMOが手掛けたコンプリートカーの中の1台が日産マーチニスモSです。

2013年6月に登場したマーチニスモSは2010年に登場した現行型マーチをベースに、空力性能に優れたエクステリアデザインを採用したボディは剛性も向上しています。そして専用開発された1.5L直4エンジンと5MTを搭載し、高回転まで廻す楽しさを味わえます。

専用に仕立てられたスポーティなインテリア。そして特別にチューニングされた専用サスペンションによって、コンパクトカーらしいキビキビとしたフットワークが特徴です。マーチニスモSの車両本体価格は177万300円です。

■トヨタ86/スバルBRZ

FRスポーツカーとして久しぶりに登場したトヨタ86/スバルBRZは2012年4月より販売開始されました。トヨタとスバルが共同開発したスポーツカーで、デザインがトヨタ、開発と設計はスバルが担当しています。

搭載される2L水平対向DOHCエンジンは当初、最高出力147kW(200ps)でした。2016年のマイナーチェンジで、吸排気系の改善を行い最高出力が5kW(7ps)向上。レスポンスが鋭くなりました。同時にサスペンションやボディ剛性の向上そして空力性能の改善などを行った結果、操縦安定性に磨きが掛かりました。

また、ザックスのショックアブソーバーやブレンボ製のブレーキシステムを搭載したグレードを設定し、さらに戦闘力を高めています。車両本体価格は86が262万3320円〜339万4440円。BRZは243万円〜337万5000円です。

■マツダ・ロードスター

1989年に登場した初代ユーノスロードスターから受け継がれている人馬一体。それはドライバーが意のままにクルマを操ることができることです。2015年に登場した4代目ND型と呼ばれるマツダロードスターはそのDNAをしっかりと受け継いでいます。

現行型のロードスターは、フルオープンモデルには先代よりダウンサイジングされた1.5L直4エンジンをフロントミッドシップに搭載し、前後の車両重量配分はスポーツカーとして理想的な50:50に設定しています。

RFと呼ばれる電動開閉式ルーフ車は2016年に追加され、こちらは車両重量増を考慮して2L直4エンジンを搭載し、両エンジンともに6速MTが組み合わされます。レカロシートや専用チューニングを施したサスペンションを装着したMT車専用グレードのRSを設定しています。ロードスターの車両本体価格は249万4800円〜373万6800円です。

■フォルクスワーゲン・ポロGTI

小さなボディにハイパワーなエンジンを搭載し、熱い走りが楽しめるクルマにのみ与えられる称号が「ホットハッチ」です。現在ホットハッチという名に相応しいクルマがVWポロGTIでしょう。

ポロGTIは全長約4mというコンパクトなボディに、最高出力141kW(192ps)を発生する1.8L直4ターボエンジンを搭載、6速MTが組み合わされます。軽量なポロGTIのアクセルを踏み込んだ時の全開加速は、最高出力192psとは思えないほどの鋭さが特徴です。

ハイパワーなFF車だとアンダーステアなどが出て扱いづらいのではと思うかもしれません。しかしそこは電子制御式のディファレンシャルロックXDSや専用のスポーツサスペンションにより思い通りのラインをトレースすることが可能です。ポロGTIの車両本体価格は327万9000円です。

■BMW M240iクーペ

“駆けぬける歓び”をキャッチフレーズしているBMW。最新のBMW車種ラインアップの中で最も安いMT車が車両本体価格631万円のM240iクーペです。

2016年9月に登場したM240iクーペは新生代の3L直6Mパフォーマンスターボエンジンを搭載し、従来のM235iクーペと比べて、最高出力は14ps、最大トルクは50Nmアップ。パワフルな直6ターボエンジンに組み合わされるミッションは6速MTで、0-100km/h加速は4.8秒、そしてJC08モード燃費は12.7km/Lと高出力と低燃費を高次元で両立しています。

コンパクトなボディと340psを発生するパワフルなエンジン。そしてFRによる走りはまさに駆けぬける歓びを具現化していると言えます。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ