ホンダ・N-BOXはなぜ軽自動車ナンバー1になれたのか?ライバル・ワゴンRとの争いの行方は?

コラム Clicccar

2017年夏のフルモデルチェンジが噂されているホンダN-BOX。2016年度の軽自動車販売で19万2369台を記録し、2年連続4度目のナンバー1を獲得。登録車を含めた新車販売でも2017年3月、首位に立ち4カ月連続でトップとなっています。

ホンダN-BOXはモデル末期でなぜ売れ続けているのでしょうか。「Nシリーズ」第1弾となるN-BOXは、2011年12月に発売を開始。新プラットフォームと新パワートレーンの採用など、ホンダの新世代軽自動車として満を持して登場しています。

まず、売れている理由はデザインでしょう。初代、2代目あたりのワゴンRは男性ユーザーを振り向かせてヒットモデルに成長しましたが、N-BOXも同じ流れに乗っているように感じさせます。

それでいてオトコ臭いわけではなく、シートの柄や生地など女性の声も積極的に取り上げることで男女、年齢を問わず抵抗なく乗れる内外装デザインを獲得しています。

もちろん、広い室内も魅力。ホンダ自慢のセンタータンクレイアウトや非常にコンパクトにまとめられたエンジンルームなどにより、限られたサイズで最大のキャビン、荷室スペースを得ているのも支持を受けている理由のはず。また、広さを裏づける分かりやすいボクシーなフォルムは、適度に角が取れていてまとまりの良さも感じさせます。

シリーズ展開も巧みで、荷室に自転車やオートバイ、車いすなどを積むという使い方を特化させたN-BOXプラス、個性という意味では軽自動車の中でも抜きんでているN-BOX スラッシュも控えています。

なお、N-BOXシリーズは、登場から5年目で100万台達成を達成し、スズキ・ワゴンRの5年7カ月を上まわるペースで売れ続けています。ワゴンRは新型で初代回帰ともいえる見た目に変更し、走りや燃費の面でも着実な進化を遂げています。

N-BOXとワゴンRの販売台数争いは、N-BOXのフルモデルチェンジ後も激化しそうですが、ヒット作の2代目をどうまとめてくるのか、それ次第で勢力争いも変わるかもしれません。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ