現存する「最古の量産車メーカー」ダイハツが創立110周年を記念したイベントを開催

コラム Clicccar

3月1日に創立110周年を迎えたダイハツは、日本で最も長い歴史を誇る自動車メーカー(現存する量産車メーカーとして)です。110周年を記念して東京支社のショールームにおいて、ダイハツの歴史と合わせて新旧のクルマを展示する企画がスタートしました。

展示の第一弾は「オープンカー」に焦点が当てられ、1965年発売のコンパーノ スパイダーと、2014年発売の2代目コペンが展示されています。

コンパーノ スパイダーは、コンパーノ ベルリーナをベースにオープンスポーツカーに仕立てられたモデルで、オープンでありながら4人が乗れるため、ファーストカーとしてのニーズも満たしたモデル。

約半世紀前に発売されたコンパーノ スパイダーはなかなか見ることができないレアなクルマで、コペンとは車格も乗車定員も異なりますが、ダイハツのオープンエアモデルへの熱意がうかがえる展示となっています。

第一弾に続き、第二弾、第三弾と企画されているそうですので、近くを訪れた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【ダイハツ 110周年記念展示】
場所:ダイハツ工業 東京支社1階ショールーム(東京都中央区日本橋本町2-2-10)
アクセス:JR総武快速線「新日本橋駅」より徒歩2分(5番出口)、東京メトロ銀座線「三越前駅」より徒歩3分(A9出口)
開館時間:7:00〜19:00(平日のみ・イベント開催時は休館)
開催期間 :2017年3月15日(水)〜

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ