メルセデスの新型GクラスはEクラス風コックピットになる!? AMG G63プロトタイプを初キャッチ

コラム Clicccar

メルセデスの人気オフローダー「Gクラス」(ゲレンデヴァーゲン)次期型のコックピットの撮影に初めて成功しました。

プロトタイプのため、メーターパネルはまだデジタル化されていないようですが、センターのディプレイなどのデザインはEクラスにソックリです。

エクステリアを見ると、前回捕捉したプロトタイプと比較して、よりワイドなフェンダーやエアインテークを確認出来るため、この試作車はGクラスの最高峰「AMG G63」の可能性が高いです。

パワートレインは、5.5リットルに代わる最新の4リットルV型8気筒ツインターボを搭載します。注目は車幅が約10センチ広がりボディが大型化されるにも関わらず、車重は400kgも軽量化される可能性があることで、通常100kgから200kgと言われる軽量化の倍です。

実現すればGクラス史上、最強のパフォーマンスを発揮することになりそうです。ワールドプレミアは2018年3月以降となるでしょう。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ