スープラとは異なる目…BMW Z4市販型、生産用LED装着完了!

コラム Clicccar

トヨタ『スープラ』次期型とプラットフォームを共有するBMW新型『Z4』市販型プロトタイプが、初めて生産用LEDヘッドライトとテールライトを装着し姿を見せました。

現れた最新の開発車両には、角ばったデイタイムランニングライトを装備するLEDヘッドライトやワイドキドニーグリル、薄くサイドに回り込むテールライトなど「Z4コンセプト」に酷似したデザインが市販型にも反映されていることが確認できます。

またロングホイールベースやショートオーバハングなど、Z4の伝統的デザインはそのままに、スポーティなBMW最新のデザインが採用されています。パワートレインは、2リットル直列4気筒エンジンと3リットル直列6気筒エンジンをラインナップします。一方スープラには、トヨタ独自の3リットルV型6気筒エンジン搭載も噂されています。

ギアボックスはATと6速MTをセレクト可能で、スープラ版でもMTが期待されています。生産はオーストリアのマグナ・シュタイア工場で2018年からスタートするとレポートされています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ