2017年11月の登録車セールスランキングのトップは唯一1万台超を記録したプリウス

コラム Clicccar

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)より2017年11月の登録車(軽自動車と海外ブランドを除く)の車名別の販売ランキングが発表されました。トップに立ったのはトヨタ・プリウス。前月2位からランクアップ、11月の登録車では唯一の5桁販売となっています。

●2017年11月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ プリウス 11,758台(前月2位)
2位 トヨタ アクア 9,985台(同1位)
3位 ホンダ フィット 9,217台(同6位)
4位 トヨタ カローラ 8,381台(同8位)
5位 トヨタ シエンタ 7,439台(同7位)
6位 トヨタ ルーミー 7,381台(同4位)
7位 トヨタ ヴィッツ 7,311台(同10位)
8位 日産 ノート 6,893台(同25位)
9位 トヨタ タンク 6,718台(同9位)
10位 トヨタ ヴォクシー 6,111台(同3位)

完成車検査の不正より出荷停止をしていた日産ですが、11月7日より出荷を再開しました。しかし、一週間というブランクの影響は大きく、同社のトップセラーであるノートがなんとか8位に食い込んでくるのが精一杯。11月になってもトヨタの存在感は増しています。

ホンダ・フィットが久しぶりの3位となっていますが、トップ10のうち8台がトヨタという情勢に変わりはありません。そのトヨタの中では、スライドドア車の動きに注目です。前月では3位までランクアップしたヴォクシーが10位に下がったかわりに、シエンタ、ルーミーといったコンパクト系スライドドア車がポジションを上げています。トヨタ・コンパクトカーの象徴ともいえるヴィッツも順調で、全体としてコンパクトなサイズのクルマが元気という印象を受けるランキングになっています。

(山本晋也)

 

 

【関連記事】

日産がトップ10から消えた! 2017年10月の登録車セールスランキング
https://clicccar.com/2017/11/08/529978/

電動カーのシェア4割超! トヨタが初代プリウス発売から20年で培ってきた電動化技術とは?
https://clicccar.com/2017/11/29/535966/

トヨタ・プリウスがデビュー20年。プリウスが切り拓いたバッテリー進化の歴史
https://clicccar.com/2017/12/02/536613/

日産自動車、出荷再開ながら完成検査員任命・教育プログラム運用面で瑕疵が発見され改善措置を講じると発表
https://clicccar.com/2017/11/08/529848/

goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ