あのボブスレーコースを走ってボコボコになったSUBARU WRX STIの実車を展示!【ニューヨーク国際自動車ショー2018】

コラム Clicccar

昨年の3月に公開された、SUBARU WRX STIがなにを思ってしまったのかボブスレーコースを走り抜けてボコボコになるという映像が話題となりました。

ここニューヨーク国際オートショー2018会場のSTIブースに、その実車が展示されているじゃないですか! それも多くのお客さんが見る、入ってすぐの場所です!!

およそ90度にもなるコースを再現したのでしょう。車幅いっぱいのコースは横を向いており、当然車両もそれに合わせて90度横向きに展示されています。

実際に見た感じでは、それほどボコボコではありません。タイヤはしっかりスパイクタイヤ。その幅はスキー並みの細さ?です。

またバンパーの4隅には、ガード片が取り付けられていたのが確認できました。

その時の舞台はアルプス、スイスのサンモリッツだったはずですが、1年かけて、どうやってここまでやってきたのでしょうか? ますます謎は深まるばかりですね!

(clicccar編集長 小林 和久)

【関連記事】

【動画】スバルWRXが車幅ギリギリのボブスレーコースを全開で攻めボコボコにhttps://clicccar.com/2017/03/20/455978/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ