新型レクサス・UXはブリヂストンのランフラットタイヤ「TURANZA EL450(トランザ)」を標準装着

コラム Clicccar

レクサスが2018年3月の「ジュネーブモーターショー2018」でワールドプレミアした新型コンパクトクロスオーバーのレクサスUX。

ブリヂストンは、そのレクサスUXに同社のランフラットテクノロジーが搭載された「TURANZA EL450」を標準装着タイヤとして納入すると発表しました。なお、同車両は3月30日から開催されるニューヨーク国際自動車ショーでも展示されます。

今回装着される「TURANZA EL450」は、レクサスUXのためにトレッドゴムのコンパウンドを専用開発。ランフラットタイヤとしての安全性能と、レクサスUXの特徴である優れた操舵応答性、操縦安定性と上質な乗り心地の実現に貢献しているとしています。

ランフラットタイヤは、空気圧がゼロになっても所定のスピードで一定距離を走行できるため、急なパンクでも安全な場所まで移動し、停車することが可能になります。また、スペアタイヤ(応急用タイヤ)が不要となることから、車両の軽量化や省資源化などにも貢献することができます。ブリヂストンはランフラットタイヤを普及させることで、より安全で環境に優しい車社会の実現に貢献できるとしています。

装着タイヤパターンは「TURANZA EL450」で、タイヤサイズは225/50RF18 95Vとなっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ