また出た国内記録更新!! それは、やっぱりあの「大川ソアラ」だった!!!【OPTION 1985年8月号より】

コラム Clicccar

ここのところ紹介しています「オーバー300km/h祭り!」に、またもや記録更新が出ました! 1984年12月(OPTION誌1985年4月号で紹介)、大阪・トライアルZにて出された当時の最高速記録、307.95km/hを破るマシンが早くも登場したのです! それは、やはりあのクルマ…トラスト大川ソアラです! その記録=309.27km/h! この記事は、ニュースな記事を速報的に伝えるコーナー「OPTIONレーダー」の中のひとつとして掲載、その快挙を称えたものでした。では、さっそくチェックしてみましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラスト・ツインターボ・ソアラ、日本最速の座を奪取!
新記録 309.27km/h
1984年12月に300.50km/hをマークしたトラスト・ツインターボ・ソアラが、記録を更新して最高速ランキングトップの座を手中にした。そのスピードはナント309.27km/h!

300.50km/hをマークした時と違うのは、タコ足とブースト圧だ。タコ足は1本ずつの長さを10cm伸ばしている。これで各回転域でのパワーがスムーズにアップした。ブースト圧は、今回1.5kg/cm2にセッティング。これはタービン、そしてエンジンの効率を研究したうえで決められたベストなものだ。しかし、エンジン本体は前回の最高速からオーバーホールもせず、すでに2万kmも走行している。

燃料増量については、補助インジェクターを3本付けている。この3本はそれぞれ、ブースト圧、回転数、アクセル開度によって増量されていくシステムだ。

足のセッティングは純正のアライメントから、直進性をアップさせながらバンクでの走行も安心できるように改良している。このためバンク内でも全開走行できるほどの安定性が得られ、それも今回の新記録に大きく貢献したと思われる。

今後の目標は、トラストの本命最高速マシン、セリカXXでソアラ以上の記録をマークすること。そしてゼロヨンにもツインターボで参加、目標タイムはズバリ10秒を切ること!

最高速、ゼロヨンの2大タイトル独占をもくろむトラスト。レース活動からストリートまで、今後ますますトラストパワーから目が離せなくなるゾ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱりこの記録もOPT誌テストではありませんでした(涙)。後のOPT誌にも、この記録が出されたのは1985年、という記述のみなので、いつ、どこの雑誌テストで出されたのかは不明。

なのですが、流石は情報屋やすの(笑)! 仕入れてきましたヨ(笑)。1985年6月3日AM6時46分、大川さんは菅生のレースで不在の中、TD06ツインのトラスト大川ソアラは、井上晴男アニキのドライブにより、この最速記録がもたらされました! で、掲載されたのは最高速ライバル、オートマキシマム誌! ヤラレチマッタゼ!!! さぁ、この大川ソアラの記録を破るのは、誰だ!

[OPTION 1985年8月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

【関連記事】

関西の意地と気合で最速記録を塗り替えた! その3・トライアル3LツインターボZ編【OPTION 1985年4月号より】
https://clicccar.com/2018/03/24/570353/

あの「大川ソアラ」も300km/hオーバーを記録! その2・TRUSTツインターボソアラ編【OPTION 1985年4月号より】
https://clicccar.com/2018/03/23/570328/

夢の300km/hマシンがついに続々誕生した! その1・RE雨宮13BツインターボRX-7編【OPTION 1985年4月号より】
https://clicccar.com/2018/03/22/570295/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ