2018年からYouTubeでの生配信が始まったD1GP、生放送の意外なメリットとは…!?

コラム Clicccar

ついに! いや、いまさら? リアルタイムで、生で、YouTubeで、D1GPが見られるのです!

今年からD1GPのYouTubeでの生配信が始まりました。大会後はアーカイブ試聴もできるので、後から見ることも可能です。いやー、すごい時代ですな。だってタダだよ。タダで、人気モータースポーツがまるまる見られちゃうんだよ。

じつは去年までもニコニコ生放送ではやってたんですよね。でも、一定の視聴者数に達すると有料会員が優先されて、無料会員は見られなくなることもありました。その点、今年のYouTubeなら大丈夫です。

まぁ、15年間すべてのD1GP公式戦を生で取材してきた私からすれば、会場に足を運んで観戦するのがいちばん面白いですよ。匂いや風や音も含めて、なんかちょっと「ヤバい感じ」もビシビシ伝わってくるし、選手と一緒に写真を撮ったりサインをしてもらったりもできますからね。

でも、なかなか近くで開催されないっていうひとも多いですよね。そして最近では座席代もだいぶ高くなっているので、そんなに気軽に行けるものでもない。DVDだと観られるのは開催からだいぶたってからだし、現地観戦じゃなくてもD1GPをリアルタイムで見たいって思ってたひとは多いんじゃないでしょうか。そんなふうに思っていたひとにはホントに朗報ですよね。

ちなみにD1GPって走行のあいだの時間もあるので「ながら試聴」にも向いてるんですよ。また、基本的に現地の大型ビジョンと同じ映像を流しているので、ピットレポートなども観ることができます。

国内の日本人には関係ないかもしれないけど、日本語チャンネルだけじゃなくて英語チャンネルも用意されてます。世界のドリフト競技の起源である日本のD1GPに興味がある海外のファンなんか、これを待ち望んでたんじゃないかな。このD1GP MOVIE CHANNELには過去の動画もアップされているので、いろいろ楽しめますよ。

というわけで、第1戦と第2戦はもう終わっちゃいましたが、第3戦のオートポリス(大分)、第4戦の十勝(北海道)、第5戦の筑波(茨城)、第6戦、第7戦のエビス(福島)、第8戦のお台場(東京)と、生観戦に行けないひとは、ぜひYouTubeのD1GP MOVIE CHANNELで観戦してみてください! 前述のとおり、すでに終了した第1戦と第2戦の様子も、アーカイブ試聴できますよ。

(まめ蔵)

【関連リンク】

YouTube D1GP MOVIE CHANNEL
https://www.youtube.com/user/d1gpwebsite

※ビデオオプションの情報は公式サイトへ。また、D1グランプリの詳しい情報は、D1公式サイトまで。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ