コンセプトモデルを展示し、存在感をアピールする三菱自動車【バンコク・モーターショー2018】

コラム Clicccar

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」での三菱の出展の様子です。

バンコクモーターショーは日本のモーターショーとちょっと違った側面があります。日本のモーターショーは最新モデルに加えて、未来のモデルや技術が多く展示され、将来を感じたり、夢を見たりする要素がたくさん込められています。しかし、バンコクモーターショーはその場で売買契約を結ぶことが多い現実的なショーなのです。入場料は100バーツ(約340円)とリーズナブルなのも、そうした要素があるからです。

こうしたトレードショーの要素が多いモーターショーなので、各社ともに実際に販売されている車種の展示に力を入れますが、三菱は2017年の東京モーターショーでも展示したコンセプトカーのeXコンセプトを展示して、注目を浴びていました。

三菱はクロスカントリー4WDのイメージが強く、タイの東北部など道路事情の悪い地域ではとくに高い知名度を誇っています。今回の展示車も量産モデルのミラージュに加えて、ミラージュのホイールベースを延長しセダン化したアトラージュ、ピックアップトラックのトライトンや、クロスカントリー4WDのパジェロスポーツなどが展示されました。

(文・写真:諸星陽一)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ