展示車はスイフトだけ!? 新型スイフトを売る気満々のスズキの戦略【バンコク・モーターショー2018】

コラム Clicccar

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのスズキの出展の様子です。

インドで圧倒的なシェアを誇るスズキですが、タイでもコンパクトモデルを中心にラインアップを展開しています。タイでは1トンピックアップの人気が非常に高いのですが、スズキには1トンピックアップはありません。また、レクサスや欧州プレミアムブランドのように高級車もありません。

スズキがタイで販売しているトラックは1.6リットルエンジンを搭載するキャリー(日本のキャリーとは異なる)、コンパクトセダンのシアズ、コンパクトセダンのセレリオ、コンパクトながら3列シートを有するエルティガ、そしてスイフトです。

スイフトは2012年からタイで製造されいて、今年2月にはフルモデルチェンジした新型が発売になったこともあり、とくにアピールに力が入っていたようです。このため、プレスデーの展示車はすべてスイフトという状況でした。ここまで徹底しているのも日本ではなかなか見られないことで、タイならではと感じました。

もちろん、一般公開日にはほかのラインアップも展示したとのことです。

(文・写真:諸星陽一)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ