新型はロールスロイス顔!? BMW・7シリーズ改良型の「M」モデルを接写

コラム Clicccar

BMWのフラッグシップ4ドアサルーン「7シリーズ」改良型に設定されるハイパフォーマンスモデル「M760i xDrive」の接写に成功しました。

エクステリアは、リアスポイラー、20インチ大径ホイール、スポーツエキゾーストパイプなど、「Mエアロダイナミックパッケージ」によりベースモデルと差別化を図られます。専用のエキゾーストシステムには、自由にサウンドを変えて楽しめる「フラップ・アクティベーション」も搭載するはずです。

未だカモフラージュも重いですが、リフレッシュされたヘッドライト、L字型テールライト、新デザインのリアバンパーなどが確認できます。最も注目されるのは、まるでロールスロイス「ファントム」を彷彿させる、威圧感のあるフロントグリルです。

パワートレインは、8速ステップトロニック・スポーツトランスミッションと組み合わされる6.6リッルV型12気筒エンジンで、最高出力は620psへアップデートされると予想されます。これはロールスロイスの高級2ドアクーペ『レイス』次期型と共有する可能性あるようです。

BMWは2017年からインテルの自動運転プラットフォームにより「7シリーズ」の自律運転テストを公道で行っています。改良型では新たな自律運転技術の搭載が期待できるかもしれません。

ワールドプレミアは、2018年内又は2019年3月のジュネーブモーターショーとなりそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ