これはもしかしたら新しいトゥクトゥク? タカノオートが展開する超小型トラック【バンコク・モーターショー2018】

コラム Clicccar

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのタカノオートの出展の様子です。

バンコクモーターショーの会場でちょっと変わったトラックを見かけました。タカノオートという日系企業が出展したE-スマート・ポーターという小さなトラックです。

全長×全幅×全高は3220×1480×1450mmで、日本の軽トラックと幅はほぼ同一、全長は少し短いといったサイズ感です。タイではトゥクトゥクと呼ばれる3輪車が市民の足として機能していますが、このE-スマート・ポーターはその後継にもなりそうな雰囲気を持っています。

搭載されるバッテリーは12Vの鉛バッテリーが6個ですが、いずれはリチウムイオンも視野に入れているということです。このバッテリーを直列につなぎ72Vとして使用。モーターは5kWの出力を持っています。モーターはリヤデフケースの手前に配置され、ギヤでファイナルギヤに接続され、リヤホイールを駆動します。

基本的にメカニカルな部分は日本製、ボディは中国製です。充電のみで走行するのではなく、175ccのシングルエンジンが搭載されレンジエクステンダーとして機能します。フル充電時の航続距離は90〜110kmで、バッテリー充電量が70%になると充電がスタートし、90%で充電がストップする制御が行われています。タイの運輸省の許認可を含め2018年秋の発売を予定しているとのことでした。

(文・写真:諸星陽一)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ