【モーターファンフェスタ2018】GT-Rのエンジンを積んだハイエースが川畑真人選手のドライブでサーキットデビュー!?

コラム Clicccar

東京オートサロン2018で大きな話題を呼んだ、NISSAN GT-Rのエンジンをぶち込んだモンスターハイエースがモーターファンフェスタ2018のVITABONブースに登場。

話題のクルマとあって、このモンスターハイエースの周りは黒山の人だかり。そのモンスターハイエースがモーターファンフェスタ2018目玉のひとつ、スーパーグリッドウォークにも登場するというのです。

富士スピードウェイのホームストレートに、国内外からあらゆるジャンルの名車・旧車・珍車がズラリと並ぶスーパーグリッドウォーク。

スーパーグリッドウォークに並ぶということは、このモンスターハイエースがサーキットデビューするということを意味します。スーパーグリッドウォークへのアウトラップでは、モンスターハイエースのオーナーさんがドライブ。

グリッドに並べられたモンスターハイエースはやはり大人気の大盛況。するとそこによくお見かけするスーパースターが。そう、D1グランプリでNISSAN GT-Rをドライブする現役D1スターにして、もはやレジェンドともいえる川畑真人選手と、同じくD1グランプリのスタードライバーである内海彰乃選手が、楽しげにモンスターハイエースを覗き込んでいます。

そろそろスーパーグリッドウォークも終わろうかという頃に、川畑選手はおもむろにハイエースに乗車!

実は、VITABONブースとTOYO TIRESブースはおとなり同士。そこでD1グランプリにNISSAN GT-Rで参戦するTOYO TIRES契約ドライバーの川畑選手にNISSAN GT-Rのエンジンを積んだモンスターハイエースに乗ってもらおう、ということで実現したのが今回の富士スピードウェイ走行なのです。

スーパーグリッドウォークが終わり、来場者の方々がグリッド上から退出。いよいよ川畑選手によるVITABONモンスターハイエースの富士スピードウェイ走行が始まります。

さぁ、スタート!たった一周ですがそれなりにスピードを出しての富士スピードウェイ走行が始まります。

スタートからかなりの加速を見せるモンスターハイエース。川畑選手も大喜びのようです。

コーナーリングはさておき、立ち上がりの加速の強烈さはヘアピンコーナーでも発揮されます。

そして1周を終えて戻ってきたモンスターハイエース。

なんと車庫入れまで川畑選手!なんと言う贅沢な演出でしょう。

モンスターハイエースから降りてきた川畑選手は「いろいろ言いたいことはあるんだけど、細かいことに目をつぶれば本当に面白いね、これ」と大絶賛!

「それとサイドブレーキはスティックタイプからフロアタイプに変えておいて。変えてくれたら、このハイエースならいくらでも振り回してあげるから」とドリフトマシンへの進化をリクエスト。

プロが乗っても喜んでしまうモンスターマシンのVITABONハイエース。さらなる進化と熟成に期待しましょう。

(写真・文:松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ