【新車】ホンダ・モンキーが125ccになって復活。原付2種でも「タンデム不可」で、価格は39万9600円〜

コラム Clicccar

半世紀を超えるロングセラーながら、2017年に惜しまれつつ生産中止となった原付(50cc)のホンダ・モンキーが、原付二種(125cc)になって帰ってきました。

名前の通り、エンジン排気量を上げることで現代的な環境性能をクリアした新時代のモンキーです。大きくなったのは排気量だけではありません。50ccのモンキーが全長1365mm、タイヤが8インチサイズだったの対して、モンキー125は全長1710mm、タイヤは12インチ、そして前後ディスクブレーキとなりました。しかも、フロントABS付きグレードも設定されています。

大きくなったとはいえ、それでも小ぶりな体躯や、モンキーの伝統を受け継ぐブロックパターンのタイヤもレジャーバイクといった雰囲気を守っています。新エンジンになっても4速MT仕様というのが、いかにもモンキーらしいと感じるのではないでしょうか。

原付二種となりましたが、乗車定員は一名としていることでモンキーらしいバランス感を守っているともいえそうです。その一方でメーターがLCD(液晶ディスプレイ)になるなど現代的な雰囲気も備えているのもモンキー125の特徴です。

ボディカラーは、パールネビュラレッドとバナナイエローの2色。メーカー希望小売価格は標準グレードが399,600円、ABS付きが432,000円となっています。

【関連記事】

【ラストチャンス!集大成となる最終モデル「モンキー・50周年スペシャル」を手に入れよう
https://clicccar.com/2017/06/27/485965/

これって新型の市販モデル? ホンダ・モンキーをバンコクで発見【バンコクモーターショー2018】
https://clicccar.com/2018/03/31/573854/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ