【新車】2018年モデルのレンジローバー・スポーツはスポーティな内外装と走りをさらに向上

コラム Clicccar

レンジローバーと同じく、4月27日にレンジローバー・スポーツの2018年モデルの受注が開始されました。

レンジローバー・スポーツの2018年モデルでは、カットダイヤモンドパターンが施された上質なセミアニリンレザーシートや、新たに導入されたアッパーグローブボックスなどのフレキシブルな収納により、快適な室内空間を実現したとしています。

また、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけるハイパフォーマンスモデルの「RANGE ROVER SPORT SVR」の最高出力を423kW/575PSまで引き上げ、特別にチューニングされたサスペンションにより、滑らかなドライビングと優れたコーナリングパフォーマンスを発揮し、0-100km加速は4.5秒を記録。

専用のメッシュグリルに加え、新しく採用されたナルヴィックブラックのサイドフェンダーベントがスポーティさを際立たせ、さらに専用のエクステリアパックを選択することで、軽量化とパフォーマンスの向上に貢献するカーボンファイバーボンネットに変更することもできます。

用意されるエンジンは、V型6気筒スーパーチャージャー(250kW/340PS・450Nm、280kW/380PS・450Nm)、出力がアップされたV型8気筒スーパーチャージャー(386kW/525PS・625Nm、423kW/575PS・700Nm)、V型6気筒ディーゼルターボ(190kW/258PS・600Nm)で、グレードは全8機種。

外観は、フロントグリルやボンネット、フェンダーベント、前後バンパー、LEDライト(フロント/リヤ)、リヤスポイラー、エキゾーストパイプが一新され、精悍でよりスポーティなデザインにリフレッシュされています。

装備では、利便性を高める最新機能(「Touch Pro Duo」、イオン空気洗浄テクノロジー、HUD、急速冷蔵機能付センターコンソールボックス、ジェスチャー・ルーフブラインド、クリアイグジットモニター)をはじめ、電子制御エアサスペンションが標準装備され、自動車高調整機能により、車高を最大50mm低くし、乗降をサポート(「SVR」にはスポーツサスペンションを標準装備)。また、5つのモードから選択できるテレインレスポンスにエコモードを追加。

価格帯はガソリンエンジン車が8,730,000円〜16,810,000円、ディーゼルエンジン仕様が9,080,000円〜11,110,000円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ