大型トラックの乗り込みは大変!? 北欧スカニア社製モデル・R450は「ひと工夫」で楽にしてます!

コラム Clicccar

スウェーデンのトラックメーカー・スカニア社の新型モデル試乗会に来てみました。「どうぞ乗ってください」と広報担当さんは言うのですが、さて困った。

何しろ相手は全高3750mmの巨体。運転席ははるか上方です。どうやって乗ればいいのでしょうか?

戸惑っていたらスカニア・ジャパンの方が教えてくれましたので、紹介しますね。まずはドア下部についているノブを引いて開けます。

続いて目線の高さ、左側にある長いグリップバーをしっかり握ります。フロントタイヤ前方にあるステップに足をかけ、右手はインパネ右端にあるグリップをつかみます。

あとは全3段のステップをタタタッと登りながら状態を運転席に預けて、搭乗完了となります。

なお、運転席位置は思っているより高いです。高所恐怖症の記者は、ステップ3段目で地面を見たとき軽く足がすくみました。

さて乗り込み自体はこのように簡単なのですが……もとい、実はこのスカニア社製トラックは「ある工夫」で乗降がイージーになっているのでした。

と言うのも通常、運転席へのステップは上下に垂直に並べられることがほとんどで、いわばハシゴ形状です。

これだと両手に体重を預けることになり、乗降が大変。

しかしスカニア社のトラックではこのステップが、1番下が外側で、2段めはやや車体内側、3段めはさらに内側にセットされる階段形状です。

これによって自然な乗降が可能となっているのでした。ドライバーに優しい!

北欧製品って、ユーザーのことを考えた、人のぬくもりを感じられるものが多いイメージがありますよね。大型トラックも例外ではありませんでしたよ。

(写真・動画・文/ウナ丼)

【関連記事】

大型トラックは運転席を丸ごと前倒しできるって知ってました?【新型スカニア・R450】
https://clicccar.com/2018/04/15/579284/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ