「LS」に並んだ? 今秋日本に初導入される7代目「レクサス ES」はこんなクルマ

コラム Clicccar

トヨタ自動車が北京モーターショー2018でワールドプレミアした新型「レクサス ES」。

「ES」は1989年に誕生以来、上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で好評を博し、数多くの国・地域においてフラッグシップセダン「LS」と共に、レクサスの歴史を築き上げて来ました。

今回公開された新型「ES」は7代目にあたり、同車のウリである「上質な快適性」をさらに進化させると共に、デザインや走りについても大きな変革を遂げています。

新型は世界90ヶ国での販売が予定されており、誕生以来、約30年間で200万台以上を販売してきた「ES」に、今回初めて日本市場が加わることで、新たな歴史が刻まれようとしています。

新型「ES」の車両サイズ(輸出仕様)は、全長 4,975mm×全幅 1,865mm×全高 1,445mm、ホイールベース 2,870mmとなっており、フラッグシップモデル「LS」にかなり近付いていることが判ります。

最先端の安全技術、第2世代の「Lexus Safety System +」導入に加え、低重心な「GA-Kプラットフォーム」の採用により、歴代「ES」が持つ“上質な乗り心地”や“優れた操縦安定性”をさらに進化させることで、「走り」も限り無く「LS」に近付いており、加えて「FF」のメリットを活かした「余裕のある足元スペース」をも実現しています。

新型「レクサス ES」(2.5Lハイブリッド仕様:ES300h)の国内発売は今秋に予定されており、新たに設定される「F SPORT」モデル共々、その仕上がりが注目されます。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

新型トヨタ「カローラ ハッチバック」に先進運転支援システム「ADAS」搭載
https://clicccar.com/2018/05/04/586458/

国内発売が迫るトヨタ「カローラ ハッチバック」にホットモデルが存在?
https://clicccar.com/2018/05/02/585742/

国内自動車8社の世界生産2.5%増、トヨタは5年連続世界販売1千万台超え
https://clicccar.com/2018/04/30/584992/

新型「レクサス ES」がワールドプレミア! 新プラットフォーム採用し、今秋日本で発売
https://clicccar.com/2018/04/25/583245/

モータースポーツからの知見を注ぎ込んだ「ヴィッツGRMN」(150台限定)を受注開始! 5月13日まで。
https://clicccar.com/2018/04/12/578197/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ