ホンダ・N-VAN登場目前。迎え撃つ「ダイハツ・ウェイク」の特徴をチェック

コラム Clicccar

間近に発表が迫るホンダN-VANが話題ですね。N-VANはどうやらバモスを後継する背の高いボディで登場しそうですが、背の高いFFスペース系といえばダイハツがウェイクで先行しています。

そこで今回、このウェイクにあらためて乗ってみました。触れて感じた美点をまとめると3つになります。

1つ目は(当然ですが)高い全高と広い室内を持つことです。

全高は1835mmで軽乗用クラスで最も高いものとなっています。室内高も1455mmあるため、子供はもちろん、大人も無理なく中で着替えることができるほどの広さです。

2つ目はフル乗車・4人が乗っても荷室が広いことです。ウェイクの荷室はもともと必要十分な量を確保しています。

が、240mmにも達する後席スライド機構を利用してシートを前端位置まで移動させれば、より大きなスペースが出現します。

ちなみに最も前までスライドさせても後席ヒザ前スペースにはまだ余裕があります。

3つ目はフラつきを抑えたサスペンションによるしっかりしたコーナリング性能です。

ウェイクのシャシーベースはタントになりますが、前後ショックアブソーバーやスタビライザーの容量アップを施すことにより、高めた車高にしっかりと対応させています。このため横風が急に吹いた際や車線変更の時、また峠道を走る時などにもしっかりと踏ん張り、不安感がありません。タントと遜色ないフィーリングで運転し続けることができます。

背の高いクルマを安定させる際には得てして足を固めすぎてしまうこともあるのですが、ウェイクにおいてはそんな心配は無用です。安定してコーナリングさせつつ、乗り心地はしっとりとしています。

というわけでタントと同じような感覚で運転ができ、空間に関してはタントより圧倒的に広いウェイク。

大空間の軽自動車としてタントやN-BOX、スペーシアといったスーパーハイトクラスを横並びで検討をしている方は、ちょっと目線を上げてウェイクも候補に入れるといいかもしれません。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ