【SUPER GT2018】大きく変わる鈴鹿戦の直前!GWの富士500kmを振り返り、鈴鹿戦GT300の展望を占う。

コラム Clicccar

ゴールデンウィークの5月3〜4日に富士スピードウェイで開催された「 2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」。

記録更新が連発するなど話題が豊富だった富士500kmですが、その後2週間ほどで鈴鹿戦が行われるという過密スケジュールな今年のSUPER GT。鈴鹿戦を占うにはもう一度富士500kmをおさらいしてみましょう。

富士500kmの予選が行われた5月3日は、前日からの雨が上がってきたとは言うものの、視界が10mを切るようなとんでもない濃霧に覆われ、午前中に行われる予定だったフリー走行は全てキャンセル。通常は予選日の午前中に100分ほどのフリー走行があり、そこで予選に向けてのセッティングや、決勝を見据えた作戦を立てますが、天候不順のために一切それが出来ません。お昼ごろから晴れ間が見えてきたために、急遽20分間だけウォームアップ走行が行われることとなります。

各チームはその20分の走行で予選セッティングを見出しますが、予選のスケジュールも変更されます。通常はノックダウン式と呼ばれる方式により、全車が走行するQ1と、Q1上位14台が走行し上位グリッドを決定するQ2が行われるのですが、今回に限りQ1のみでグリッドを決定するということになったのです。予選の路面状況は完全にドライ。その1発勝負の予選を制したのは55号車 ARTA BMW M6 GT3。

そして5月4日、前日の天候が嘘のように晴れ渡る中、決勝レースは行われます。ポールポジションのARTA BMW M6 GT3は快調なスタートを見せ、序盤から後続のライバルを引き離していきます。

スタートを快調に決めたのは0号車 グッドスマイル 初音ミク AMGも同じ。4番グリッドから絶妙なスタートを見せ、一気に3番手に浮上!

グッドスマイル 初音ミク AMGにスタートで抜かれセカンドグループに落ちた65号車 LEON CVSTOS AMGは2号車 シンティアム・アップル・ロータスと.31号車 TOYOTA PRIUS apr GTともつれ合い、その集団から抜きんでた.31号車 TOYOTA PRIUS apr GTがトップ集団に食らい付いていきます。

富士500kmレースでは2回のピットインが義務となりますが、上位陣で真っ先にピットインしたのは32周で入った61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT。予選も好調だったためにここは素早いピットで順当に順位をキープしていきたいところでしょう。

37周目にはトップを走るARTA BMW M6 GT3もピットイン。周回差に余裕があるもののピット作業は素早く、実質的なトップはゆるぎないままにピットアウトしていきます。

レースも折り返しに差し掛かろうとする55周目に大きな異変が起こります。2位を走っていた SUBARU BRZ R&D SPORTがトラブルのためにリタイア!これによって31号車 TOYOTA PRIUS apr GTが2位に浮上。

ドッグファイトで4位争いをしていたグッドスマイル 初音ミク AMGと LEON CVSTOS AMGは、表彰台圏内を争うこととなって行きます。

SUBARU BRZ R&D SPORTがリタイアしたために2位とのギャップが大きく広がったARTA BMW M6 GT3はそのままゴールへ突き進んでいきます。

そして2位と25秒という大差をつけて真っ先にチェッカーを潜り抜けたARTA BMW M6 GT3。見事なPole to Winを披露してくれました。

この優勝で高木真一選手は自身のGT300での優勝記録を19回として、記録を更新します。

2位には31号車 TOYOTA PRIUS apr GT、3位には11号車 GAINER TANAX GT-Rが入ります。

この富士500kmの流れで注目したいのはタイヤメーカー。優勝と2位はブリヂストン。3位はダンロップで4位はLEONのブリヂストン。途中まで2位を走っていたSUBARUはダンロップ。5位になったグッドスマイル 初音ミク AMGがヨコハマタイヤ。つまりブリヂストンがかなり優勢ということになります。開幕戦岡山では上位3台全てがヨコハマタイヤだっただけに、ここは注目しておきたいポイントです。

5月19〜20日に開催される第3戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km Fan Festival」はこれまでの鈴鹿戦と大きく変わり300kmレースというスプリント要素の強いフォーマットとなります。セミ耐久といえる富士500kmから比べれば要素はかなり変わってきますが、タイヤが締める割合はかなり高くなりそうです。

そういった着眼点で予選を見ていけば、鈴鹿の300kmレースを制するのは誰か?という予想も出来るかもしれません。

いよいよ今週末に迫った鈴鹿300km。いろいろな意味で注目の一戦と言えるでしょう。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ