SUVらしさを増したSUBARU新型フォレスターの魅力とは?

コラム Clicccar

5月18日、先行予約が開始された5代目SUBARUフォレスター。外観デザインのテーマとして「SUVらしい存在感、力強さ、機能性」を掲げています。

フォレスター、XVと同じホイールベース2670mmとなる新プラットフォームの「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、走りや安全性能、デザインまで全方位大きな進化を遂げたとしています。

外観は、いまやお馴染みになったSUBARU共通のデザイン哲学である「DYNAMIC x SOLID」を採用。ライトまわりでは、全車にLEDヘッドランプを標準装備し、水平対向エンジンのピストンの動きを表現した C シェイプのポジションランにより、力強さを想起させる精悍な顔つきが目を惹きます。

さらに、同じく全車に縦型フロントフォグランプが採用され、一部機種には3式LEDを用意することでスポーティさを表現。左右側方の配光エリアを従来のバルブ式よりも拡大し、夜間の視認性を向上。また、バルブ式よりも約 53%の省電力化を実現したそう。

力強い前後バンパーガードも印象的で、「Advance」と「X-BREAK」の前後バンパー下にアンダーガードが配され、SUV らしいタフが演出されています。「Advance」はシルバー加飾、「X-BREAK」はオレンジのアクセントラインを加えることで、アンダーガードの存在感を強調。

サイドビューは、ホイールアーチは新たに採用されたクラッディングが特徴。ホイールまわりが強調された意匠とすることで、走りの力強さと悪路走破性の高さを表現したとしています。「Advance」はシルバー、「X-BREAK」はオレンジの加飾が配され、機能性の高さをさらに強調。

足元のアルミホイールも力強さを表現。悪路でもボディを支える安心感、大地をとらえる力強さの両面を表現されたデザインで、「Advance」と「Premium」 は18インチが用意されます。

気になるボディカラーは、アクティブな印象と深みを感じさせる新色「ホライゾンブルー・パール」、「ジャスパーグリーン・メタリック」や「クリムゾンレッド・パール」を含む全9色が用意されます。

(塚田勝弘)

【関連記事】

新型SUBARUフォレスターの予約開始。注目はマイルドハイブリッドの「e-BOXER」
https://clicccar.com/2018/05/18/590928/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ