尿素水の補充とタンクが不要。デュトロに搭載されているNOx浄化用触媒「HC-SCR」【人とくるまのテクノロジー展2018】

コラム Clicccar

触媒のスペシャリスト・キャタラーが「人とくるまのテクノロジー展2018」で展示していたのは、日野の小型トラック「デュトロ」に搭載済みのNOx浄化用触媒「HC-SCR」。尿素水が不要で、ディーゼルの課題であるNOx(窒素酸化物)の浄化性能を実現したディーゼル車用の触媒システムです。平成28年排出ガス規制をクリアしています。

尿素水を使わずに、排ガス中の未燃焼の炭化水素(HC)、燃料から分解生成したHCを還元剤としてNOxを無害化するもので、尿素水の補充が不要。尿素タンクをなくすことで、車両の省スペース化に貢献。

NOxを浄化するには還元剤が必要になりますが、「HC-SCR」は還元剤として燃料(軽油)を使用するため、尿素補充やタンクのスペースが不要。そのため、積載スペースが限られる中型〜小型トラックに対して効果的なシステムになっています。なお、軽油を還元剤として使うため、若干燃費に影響があるそうですが、尿素水の補充とタンクが不要になる利点は見逃せません。

キャタラーのブースで話を伺うと、トラックだけでなく、乗用車への搭載も技術的には可能としていて、「人とくるまのテクノロジー展2018」では、欧州メーカーも含めて多くの関係者から注目を集めていたそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ