「アルベール大公に○○をさしあげなさい」。愛されキャラのリカルドがモナコGPの表彰式で伝説を作った!【2018年F1第6戦モナコGP】

コラム Clicccar

2018年F1第6戦モナコGPでダニエル・リカルド(レッドブル)が、F1の歴史に新たな1ページを刻みました!

遡ること2年前。リカルドはキャリア初のポールポジションをモナコGPで獲得するも戦略ミス、ピットイン時に必要なタイヤが用意されていないというチームの致命的なミスで勝利を逃してしまいました。

陽気で笑顔が眩しいリカルドですが、あの時見せた厳しい表情は今でも印象に残っています。

そんなリカルドが、今年のモナコGPでキャリア2度目となるポールポジションを獲得! しかし予選後のインタビューでは、表情が硬く笑顔がありません。2年前の出来事がフラッシュバックしていたのでしょうか。

「今回こそリカルドの笑顔が見れますように」と祈りながら、伝統のモナコGPがスタート!

大きな混乱はなく、スタート直後の上位勢の順位は首位リカルド、2番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、4番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、5番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)と予選から変動はありません。

レースが順調に進んでいく中、上位勢で最初に動いたのはハミルトン。12周目にハイパーソフトタイヤからウルトラソフトタイヤに履き替えます。16周目にはベッテル、その翌周にリカルドとライコネンがピットインし、ハミルトンと同様ウルトラソフトタイヤに交換しました。

28周目、リカルドが「パワーがない」とチームに訴えます。なんとマシンの心臓部、パワーユニットのMGU-K(運動エネルギー回生システム)にトラブルが発生し、8つのギヤのうち6つしか作動しなくなってしまったのです。

そうこうしていると、ベッテルが1秒以内に近づいてきました。

リカルドはチームに「何か改善策はないのか?」と尋ねますが、「ない」と絶望的な返答……。また今年も悔しい想いをしなきゃいけないの(涙)! レッドブルチーム代表のクリスチャン・ホーナーも祈るようにモニターを見つめています(貧乏ゆすり激しかっただろうな)。

マシンに不具合があっても決して諦めず、ポジションをキープしながら懸命に走り続けるリカルド。ゴールが目前に見えてきた71周目、ヌーベルシケインでシャルル・ルクレール(ザウバー)がブレーキトラブルで止まりきれず、前を走るブレンドン・ハートレー(トロロッソ)に追突してしまいました。

これにより、バーチャルセーフティカーが導入。モナコGPはリカルドをそう簡単に勝たせてはくれません。

74周目にレースが再開。ここからリカルドは最後の力を振り絞り、後続との差を広げ堂々とトップチェッカーを受けました! やったー!!

ウイニングランを終えたリカルドは目頭を手で押さえ、しばらくマシンから出てきません。この姿を見てもらい泣きをしていたら、「アルベール大公にシューイをさしあげなさい」と目が覚めるような無線が飛びこんできたのです!

感動のあまりすっかり忘れていましたが、リカルドが優勝ということは……。いやいや、さすがに格式あるモナコではやらないですよね。

通常の表彰式はF1を運営、統括するFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)が用意する表彰台が使用されますが、モナコGPだけは王室関係者列席のもと、彼らよりも低い位置で行われます。

厳かな雰囲気でセレモニーが進みシャンパンファイトになると、どこからともなく聞こえてくるシューイコール。するとそれまで感動に浸って涙目だったリカルドが、嬉しそうにレーシングシューズを脱ぎはじめたではありませんか! しかもハミルトンがシャンパンを注いでるー!!

さぁ、ここからリカルド節炸裂です! アルベール大公に「いただきます」と会釈をしちゃうリカルドに大笑い! 豪快にシューイを披露すると、今度はレッドブルチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイに勧め、ニューウェイは鼻をつまみながら(笑)、リカルドの勝利を祝いました。

さらにリカルドはアルベール大公とシャルレーヌモナコ公妃にも、シャンパンを勧めたのです(シューイではないのでご安心を)! リカルドの満面の笑みに負けたのか、お二人ともシャンパンをラッパ飲み!!

こんなに楽しいモナコGPの表彰式は、今まで見たことがありません! でもこれが許されるのも、リカルドの愛すべきキャラクターがあってこそですよね。F1の歴史で語り継がれる、忘れられない出来事になったのではないでしょうか。

モナコGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
2/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
4/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
5/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
6/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
7/#10/ピエール・ガスリー/トロロッソ
8/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
9/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
10/#55/カルロス・サインツJr/ルノー

(yuri)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ