【新車】三菱eKワゴン、eKカスタム、eKスペースが軽自動車初の歩行者対応踏み間違え衝突防止アシストを搭載

コラム Clicccar

5月28日、軽ハイトワゴンのeKワゴン/eKカスタム、軽スーパーハイトワゴンのeKスペースの予防安全性能を向上させ、全車「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当させたと発表しました。

今回の一部改良では、衝突被害軽減ブレーキシステムの機能向上に加え、誤発進抑制機能に軽自動車初の歩行者対応(前進時)が追加された踏み間違い衝突防止アシストの全車標準装備がトピックス。

また、新たに車線逸脱警報システムを設定することで、「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当モデルになります。

具体的には、衝突被害軽減ブレーキシステムのFCM」を全車に標準装備。従来のレーザーレーダーに代わってフロントカメラが採用され、前方の歩行者の検知が可能になっています。さらに、作動車速域を対車両が従来の約30km/h以下から約10km/h〜80km/hまで拡大。対歩行者も約10km/h〜60km/hとされています。

全車に標準装備される踏み間違い衝突防止アシストも改良されています。従来モデルは、前進時に障害物を検知した場合、誤発進抑制機能が作動。今回の新しい踏み間違い衝突防止アシストでは、障害物に対しては前進時および後退時ともに作動します。

さらに、前進時には歩行者や車両にも作動し、エンジンの出力制御やブレーキをかけて衝突を回避、または衝突被害が軽減されます。なお、歩行者に対して作動(前進時)する踏み間違い衝突防止アシストは、軽自動車として初採用となります。センサーはレーザーレーダーに代わり、フロントカメラとソナー(前後各4か所)を搭載。

安全装備を充実させた上級グレードに設定される車線逸脱警報システム「LDW」は、新採用のフロントカメラによって、車両前方の車線位置を監視。車線を逸脱する、もしくは逸脱しそうになると、ドライバーにメーター内の警告灯と警報音で注意を促すものです。そのほか、オートマチックハイビーム「AHB」の採用グレードが拡大され、安全性、利便性の向上が図られています。

また、以前から設定されていたeKカスタムに加えて、eKスペースにもオレンジ色をアクセントカラーとした特別仕様車「ACTIVE GEAR」が同日発売されています。

車両本体のメーカー価格は、eKワゴンが1,109,160円〜1,580,040円、eKカスタムが1,512,000円〜1,701,000円、eKスペースが1,317,600円〜1,977,480円。特別仕様車「ACTIVE GEAR」のeKカスタムは1,702,080円〜1,809,000円、eKスペースは1,978,560円〜2,085,480円です。なお、昨年10月に発売された特別仕様車「eKシリーズ PLUS Edition(プラス エディション)」も対象車種、グレードを拡大し、継続販売されます。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ