【ダイハツ・スマートアシスト?t 試乗】ダイハツ・ハイゼット・トラックに搭載された「スマートアシスト?t」の作動条件は?

コラム Clicccar

軽トラは「はたらくクルマ」として重宝するだけでなく、日常の足としても使う人が多いそうで、こうしたクルマにも先進の予防安全装備を搭載することは歓迎すべきではないでしょうか。

ダイハツがプレス向けに開催した「スマートアシストt」の体験会。衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違え防止の同乗走行(助手席)をする機会があったので、ご報告します。

システムは、フロントスクリーン上部に配された左右カメラ間隔80mmという世界最小クラスのステレオカメラですので、後進時のペダル踏み間違え防止には対応していません。なお、ATだけでなく、軽トラに多いMTにも対応しているのも特徴です。

衝突警報は対車両が約4〜約100km/h(相対速度も同じ)、対歩行者は約4〜約50km/h(相対速度も同じ)。緊急ブレーキの「被害軽減」は対車両が約4〜約50km/h、対歩行者は約4〜約50km/h(相対速度は約30〜約50km/h)。

同じく緊急ブレーキの「衝突回避」は、対車両が約4〜約30km/hですので、30km/hまでくらいなら前方車にぶつからずに止まれることになります。対歩行者は、約4〜約50km/h(相対速度は約4〜約30km/h)。

そのほか、車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能(前方)はATのみ、先行車お知らせ機能を搭載しています。もちろん、雨天時や霧など天候により作動しなかったり、濡れた路面などでは制動距離が長くなったりすることもあります。過信は禁物です。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ