ドイツ流「ランボルギーニ・ウルス」!? アウディ最強SUV「RS Q8」の開発車両をキャッチ

コラム Clicccar

アウディのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「Q8」の頂点に位置する「RS Q8」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

「RS Q8」のプラットフォームにはランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」と同じ「MLB Evo」プラットフォームが採用され、4リットルV型8気筒エンジンを搭載します。そのため、ドイツ版「ウルス」とも伝えられています。

しかし最新情報では、最高出力650ps・最大トルク850Nmという「ウルス」と同じ性能を持つかは断言できないとも伝えられています。どこまで迫るのか、最終スペックが気になります。

捉えたプロトタイプは、シャープな最新のLEDヘッドライト、大口エアダクト、ワイドグリルを装備。テールライトのデザインも初めて露出しています。しかし、リアバンパーに備わるクワッドエキゾーストパイプはフェイクのはずです。市販型では、大径のツインエキゾーストパイプが予想されます。4つのタイヤにはカーボンコンポジットブレーキを装着し、フロントには6ピストンのキャリパーを備えています。

室内は旗艦サルーン「A8」の影響を強く受けた、ハイテクかつスポーティなデザインが予想されています。フルサイズのエアベントセットアップ、高精細デュアルタッチスクリーン、アルカンターラ・ステアリングホイールなどが見られるはずです。

アウディは、ベースモデルとなる「Q8」を6月に中国で初公開し、年内に発売する計画を持っているようです。その後2019年3月のジュネーブモーターショーで「RS Q8」が登場すると噂されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ