RE雨宮RX-7&エスプリ130Zが記録狙いの本気仕様で登場! その実力は?・その1【OPTION 1985年8月号より】

コラム Clicccar

1982年2月号で日本初300km/hオーバー、307.69km/hを記録した光永パンテーラから始まり、HKSセリカ・M300が国産車初の300km/hオーバー、301.25km/h(1984年3月号)、トライアル・3LツインターボZが光永パンテーラの記録を塗り替える307.95km/h(1985年4月号)、その記録を抜いたTRUST大川ソアラの309.27km/h(1985年8月号)…と、続々と300km/hオーバーマシンが誕生した80年中期のこの時代。

RE雨宮は13Bツインターボ(SA22C)で307.42km/h(1985年4月号)を記録した後、「ドラッグに集中するっス!」と新たな記録更新に燃えていました。

そんな時、登場した最高速狙いとドラッグ狙いの2台。シェイクダウンとはいえ、Daiを唸らせた新マシン登場!となりました。では、何度かに分けてこの2台のテスト模様をプレイバックです。まずは、仕様のダイジェストから!

・・・・・・・・・・・・

爆発! マシンの極限性能を追求する最高速とゼロヨン(DRAG)に、新しいチャレンジャーが名乗りを上げた。かたや目標の300km/hを達成したRE雨宮のゼロヨン復帰宣言。かたや初のL型パワーでシングル・ターボのチャンプを狙うエスプリだ。

そのシェイクダウンテストは秘めたポテンシャルを知るのに十分な結果だった。雨宮のドラッグ7は、ターボのブースト圧が上がらないにもかかわらず、11秒11をマーク。エスプリのフェアレディ130Zも初トライで284km/hの合格スピードを記録した。

「ホント、最近のチューンドカーは恐ろしく速くなったな〜」とはDaiのコメント。「もうハンパな覚悟ではテストできないゼ」とも言う。この2車、今後の最高速とゼロヨンを占ううえでも面白い存在だ。Daiに体当たり試乗レポートに注目してほしい。

54年式のボディにL28改3L+ターボエンジンを搭載し、最高出力450psを発揮するエスプリZ。その各パーツ類はシングルターボ最速を狙うだけあって、念入りにチューン、セッティングされている。

まずヘッド関係は、各燃焼室の容積合わせはもちろん、形状の変更も行われ、ポート部はガイド部も削り取られ研磨されている。これにHKS76度カム、東名製ビッグバルブ(IN46.5φ/EX36.5φ)が組み込んである。ヘッドのメンケンはターボ仕様のため、無し。

ブロック関係はボアを89mmにボーリングされ、HKS鍛造ピストンやノーマル加工のコンロッド、クランクが組み込まれている。ピストンクリアランスは6/100mm。

これに三菱製TD08タービンをボルトオン。吸気システムはOER50φでオリジナルのサージタンクが付けられている。冷却の方もHKS3層インタークーラーやオイルクーラーが装備され、ターボの大敵である熱に対処済みだ。

ドラッグ用に製作されたこのマシンは、F2のシャシー・シェブロンB48を使用している。これは78年鈴鹿GPでデビューしたもの。

Fサスはロッキングアーム式、スタビはF1タイプの小径サイズが装備。Rサスのアッパー側はIアームとラジアスロッドの組み合わせで、ロワ側はAアームとIアームの組み合わせからなる。

エンジンは、雨宮得意の12Aサイドにツインターボを装備。もちろんミッドシップだ。タービンはKKKのK26。インタークーラーはトラストのSPLでエンジン上部にセットし、ルーフ上からエアが導かれる。大パワーに対処すべく、ミッションはヒューランド製だ。

・・・・・・・・・・・・

相当な本気仕様のこの2台。見た目からもうカッコイイです! 文中、「ゼロヨン」と「ドラッグ(DRAG)」が一緒になって使われていますが、まぁソコントコロ、約2mの違い(DRAG=1/4マイル=402.33m)には目をつぶってくださいマセ(汗)。次回はRE雨宮DRAG号のDaiインプレをご紹介いたします!

[OPTION 1985年8月号より]

(Play Back The OPTION by永光やすの)

【関連記事】

最高速で日本初のオーバー300km/h! 最強伝説となった深紅のパンテーラ【OPTION 1982年2月号より】
https://clicccar.com/2017/02/22/446663/

ついに出た! 国産車初の300km/hオーバーはHKSセリカXX「M300」だった! その1【OPTION 1984年3月号より】
https://clicccar.com/2017/11/21/533008/

関西の意地と気合で最速記録を塗り替えた! その3・トライアル3LツインターボZ編【OPTION 1985年4月号より】
https://clicccar.com/2018/03/24/570353/

また出た国内記録更新!! それは、やっぱりあの「大川ソアラ」だった!!!【OPTION 1985年8月号より】
https://clicccar.com/2018/04/03/574106/

夢の300km/hマシンがついに続々誕生した! その1・RE雨宮13BツインターボRX-7編【OPTION 1985年4月号より】
https://clicccar.com/2018/03/22/570295/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ